SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPテキストTOP > テキスト詳細ページ

テキストカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

経営・マーケティング戦略特別セミナー

No.T19039

新装版「問題解決のためのデータ分析」著者が伝授

ビジネスの根本課題を導き出すデータ分析の基礎知識と活用方法

~問題解決の糸口はちょっとしたエクセル活用にあり!~

※セミナーは終了しておりますので、テキストのみのご提供でございます

開催日時 2019年 2月 7日(木) 午後2時~午後5時
テキスト代 6,480円(税・送料込)
ページ数 パワーポイント資料114枚
備考
乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。
申込みフォーム

重点講義内容

株式会社クロスメディア・コンサルティング 代表取締役社長

齋藤 健太(さいとう けんた) 氏

企業には日々様々な問題が生じています。
「売上を伸ばしたい」「コストを削減したい」「在庫を減らしたい」「社員の定着率を上げたい」など、企業や部門によって問題は多種多様ですが、すべてに共通していることがあります。それは、「数字」が基準となり問題として認識されていることです。
その「数字」を的確に分析することで、起こっている問題の根本的な原因を抽出することができるのです。
私がデータ分析を重要だと言っている理由はここにあります。
そしてそのデータ分析は、普段使っているエクセルのちょっとした活用で効率的に実践できます。
本講義では、ビジネスの問題を解決するために活用できるデータ分析方法について、実際に起こった事例を交えて解説します。小手先のエクセル「術」でなく、問題解決にデータ分析が役立つ本質を理解することで、様々なビジネスシーンで活用できるようになるはずです。

1.問題解決とデータ分析の関係とは?
2.データ分析のアプローチ方法
 (1)データ収集、データ整理が成否の分かれ目
 (2)効率的なデータ分析の進め方
3.目的に合わせたデータ分析方法
4.ちょっと差がつく、知っておくべきエクセル活用術
 (1)スピード倍増、ショットカットキーの極意
 (2)知ると便利な関数
 (3)的確に伝えるグラフのつくり方
5.質疑応答

※受講者全員に、講師著書を進呈
新装版「問題解決のためのデータ分析」
(クロスメディア・パブリッシング 2019年1月)

講師プロフィール

齋藤 健太(さいとう けんた) 氏

慶応義塾大学理工学部卒業後、船井総合研究所(現 船井総研ホールディングス)に入社。
主に中堅規模(数百億)以上の企業をメインクライアントとしたプロジェクトに従事。化粧品メーカーや卸・リテール業界など、幅広い業種において、中期経営計画策定やマーケティング戦略の構築、M&Aにおけるビジネスデューデリジェンス等の実績を有する。
独立後も複数のコンサルファームやファンドからアサインされ、企業の課題発見・問題解決に従事、成果を上げる。
2013年9月にクロスメディア・パブリッシングより「問題解決のためのデータ分析」を出版。
2018年5月同社グループ全体のコンサルティングに入り、10月クロスメディア・コンサルティングを設立、現在に至る。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850