SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPテキストTOP > テキスト詳細ページ

テキストカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

医療・介護戦略特別セミナー

No.T19035

2040年を見据えた3つの視点より、今からやるべき病院の対策

※セミナーは終了しておりますので、テキストのみのご提供でございます

開催日時 2019年 2月18日(月) 午後2時~午後5時
テキスト代 5,400円(税・送料込)
ページ数 パワーポイント資料92枚
備考
乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。
申込みフォーム

重点講義内容

株式会社 サイプレス ディレクター

安西 文雄(あんざい ふみお) 氏

2025年がゴールではない。未曾有の人口減少・少子高齢化社会に突入し社会構造が大きく 変化していく中で始まった病院再編の流れに対し、今のやり方のままで良いのか、新たに何に取り組むべきなのか。

2025年には「団塊の世代」が75歳以上となる超高齢社会となるが、2042年には65歳以上の高齢人口も  ピークを迎え減少に転じ患者自体が減少する時代に突入します。
一方で減少の一途をたどる生産年齢人口の中から、医療を提供するスタッフの安定確保については今から手を打っていかないと医療の提供自体も思うように行かなくなりかねません。
これらの状況をしっかりと踏まえ長期的な視点を持って、自院の病床機能をどうしていくかを考えていくことが 重要となります。
これらについて、どういう視点で考え何に取り組むべきかを具体的な取組み事例も踏まえてお伝えしていきます。

1.現状から自院の病床機能をどう考えるか
 (1)人口構造の変化が意味すること
 (2)重症度、医療看護必要度から考える病床機能
 (3)地域内の医療提供体制から見たポジショニング

2.患者獲得に向けたPFM(ペイシェントフローマネジメント)の整備
 (1)医療と介護の強固な連携体制の構築
 (2)患者獲得に向けた営業戦略(病院広報の真の目的を考える)

3.医療スタッフの安定確保に向けて
 (1)職種間連携(チーム医療)の促進による業務効率化
 (2)情報共有、業務把握から業務プロセスの見直し

4.質疑応答

講師プロフィール

安西 文雄(あんざい ふみお) 氏

1993年明治大学法学部卒業。愛知県の民間医療機関にて経営企画等に10年間携わった後、調剤薬局グループの管理部門、医療介護グループでの経営管理職を経て、2005年より現職。200床から300床規模の病院及び病院グループをメインのクライアントとして、経営改善の実行支援に従事している。また改善実行に必要な経営企画に携わる人材の育成研修にも力を入れている。
株式会社サイプレス HP  http://www.kkcypress.co.jp/

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850