SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.S20459

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(開催日の3~10日以降)

コロナ禍による自動車産業の変化2021

~従来トレンド"CASE""MaaS"の先にある潮流~

開催日時 2020年12月15日(火) 午後2時~午後3時30分
会場 紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F
受講料 1名につき 33,330円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
備考
会場受講以外の受講方法について詳しくはこちらをご確認下さい。
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

株式会社日本総合研究所 創発戦略センター
シニアマネジャー

程塚 正史(ほどつか まさし) 氏

自動車産業へのコロナ禍による影響をポジティブに活かすには、変化の方向性を見極めることが重要だ。今回は、まず従来のトレンドであるCASEやMaaSへのコロナ禍の影響を踏まえたうえで、アフターコロナ時代に起きる潮流を考えたい。特にIVI、地域交通、スマートシティに注目し、新たなキーワード"ILR"について提言したい。

1.コロナ禍によるCASE/MaaSへの影響
2.アフターコロナ時代での新たなモビリティサービスのトレンド
3.IVIが見据えるべき地平線
4.地域交通市場に起きる変化
5.スマートシティ・スーパーシティの再評価
6.アフターコロナのキーワード"ILR"
7.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

程塚 正史(ほどつか まさし) 氏

2005年、東京大学法学部卒業。同年、中国・上海にて流通事業ベンチャー設立・運営。
2008年、東京大学新領域創成科学研究科修士課程(国際関係論)修了。
衆議院議員事務所、経営コンサルティング会社を経て、2014年、日本総合研究所入社。自動車・モビリティ、エネルギー領域にて新規事業の立上げやコンソーシアム活動を推進。
現在、創発戦略センター所属。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850