SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.S20411

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(開催日の2~5日以降)
◇本セミナーは、新型コロナウイルス対策として選択受講いただけます◇

アフター・ウイズコロナの新生スマートシティ

~データ基盤を備えたデジタルゼネコンを目指す日本企業の可能性と課題~

開催日時 2020年11月 4日(水) 午後3時~午後5時
会場 紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F
受講料 【会場受講】 1名につき 35,750円(税込)
【ライブ・アーカイブ受講】 1名につき 33,550円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
※会場受講とWEB受講(ライブ・アーカイブ)の金額が異なりますのでご注意ください。
備考
会場受講以外の受講方法について詳しくはこちらをご確認下さい。
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

Ⅰ. アフター・ウイズコロナのスマートシティ

株式会社野村総合研究所 グローバルインフラコンサルティング部
上級コンサルタント

石上 圭太郎(いしがみ けいたろう) 氏

【15:00~15:55】

都市は、人口や各種機能が集中することで、経済・社会活動の効率化・高度化を実現してきた。しかし、同時に都市固有の問題も生じ、過密・3密により、コロナ禍の一要因ともなっている。スマートシティは、都市の集積メリットを活かしたままで過密と3密の問題を軽減・解消しえる。人流や物流のコントロール、非接触・自動などスマート技術の事例と生じている行動変容の状況分析をもとに、感染症にも対応・活用可能なデータ基盤を備えたレジリエントスマートシティの在り方について論じる。

1.スマートシティをめぐる直近の事業環境変化
2.コロナ禍と都市問題
3.コロナ禍とスマート技術
4.行動変容と都市デザイン
5.レジリエントスマートシティ
6.質疑応答/名刺交換
Ⅱ. スマートシティ開発・運営の実現に向けたデジタルゼネコン

株式会社野村総合研究所 グローバルインフラコンサルティング部
グループマネージャー

又木 毅正(またき たかまさ) 氏

【16:05~17:00】

デジタル基盤を備えたスマートシティの開発・運営に際しては、都市計画、建築・土木のノウハウだけではなく、デジタル構想、GIS等を活用したシミュレーション、計装、都市OSとアーキテクチャー、都市運営管理などのノウハウも必要となってくる。GoogleやSTエンジニアリングなどは、これらのノウハウを獲得して、デジタルゼネコンとして、スマートシティ開発に乗り出している。先進企業の動向を基に、日本企業がデジタルゼネコンを目指す際の課題について論じる。

1.スマートシティをめぐる直近の事業環境変化
2.デジタルゼネコンの必要性
3.デザインファーム・デジタルネイティブの動向
4.デジタルゼネコン実現に向けた課題
5.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

石上 圭太郎(いしがみ けいたろう) 氏
早稲田大学政治経済学部卒業。1988年 野村総合研究所 鎌倉研究本部 入社。以降、地域計画、都市開発、エネルギー・インフラ産業及びそれらのDX、PPP・民営化などに従事。現在、同社グローバルインフラコンサルティング部 上級コンサルタント。
又木 毅正(またき たかまさ) 氏
慶応義塾大学大学院法学研究科卒業。2001年 野村総合研究所 コンサルティング事業本部 入社。以降、インフラ業界における事業戦略、業務改革、新興国の産業政策立案に従事。現在、同社グローバルインフラコンサルティング部 グループマネージャー。 滋賀大学大学院 経済学研究科 客員准教授。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850