SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

放送・メディア・著作権戦略特別セミナー

No.S20391

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(開催日の2~5日以降に配信)
◇本セミナーは、新型コロナウイルス対策として選択受講いただけます◇
【エンタメ業界に到来したディープ・インパクトを真正面から迎え撃つ】

SVODコンテンツ制作のための権利処理&製作経理実務

~弁護士・会計士・実務第一人者が最新実務と今後の展開を解説~

開催日時 2020年11月 6日(金) 午後2時~午後5時
会場 紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F
受講料 【会場受講】 1名につき 35,750円(税込)
【ライブ・アーカイブ受講】 1名につき 33,550円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
※会場受講とWEB受講(ライブ・アーカイブ)の金額が異なりますのでご注意ください。
備考
会場受講以外の受講方法について詳しくはこちらをご確認下さい。
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

株式会社GREENLIGHT PARTNERS 代表取締役/弁護士

照井 勝(てるい まさる) 氏

株式会社GREENLIGHT PARTNERS 取締役

北林 理沙(きたばやし りさ) 氏

株式会社GREENLIGHT PARTNERS 取締役/公認会計士/税理士

上住 敬一(うえずみ けいいち) 氏

【14:00~17:00】

定額制動画配信サービス(SVOD)は、もはや映画やテレビに比肩する市場になったと言っても過言ではありません。AmazonやNetflix等の海外系SVODプラットフォームも、豊富なコンテンツを武器に日本市場にも進出し、既に確たる地位を築きつつあります。その市場拡大の勢いは、新型コロナウィルスによってもとどまることを知らず、むしろ更に拍車をかけつつあります。
その巨額の予算を基にして、日本独自コンテンツが制作・展開されてきましたが、今その方針に大きな変化が生じています。動画制作のための権利処理・製作経理に関して、米国プラクティスに大きく準拠することが求められているのです。AmazonやNetflixのみならず、日本市場を伺う後続の海外系SVODプラットフォームも同様の方針を示しています。
今後はこの条件を充たさない限り、海外系SVODプラットフォームからコンテンツ製作の承認(Greenlight)を得ることは、極めて難しくなると予想されます。そのため、国内の制作会社を中心として、米国プラクティスの基本や日米間の制度の違い等を理解することが喫緊の課題となりつつあります。
このような状態に対処すべく、日常的に日米間のクロスボーダー案件に従事している我々は、国内の制作会社がGreenlightを得るための権利処理と製作経理に関して、長年培ったノウハウと知見を基に一括して助言・コンサルティングできるGREENLIGHT PARTNERS(GLP)を設立するに至りました。
本講演では、GLPの業務の概要、権利処理、製作経理において実務上留意すべきポイント等を説明しつつ、聴講者の皆様が確実にGreenlightを得るためのお手伝いができればと考えております。


1.何故GLPを設立したのか? (照井氏)
(1) 今まさにSVOD市場で起きていること ~時は来た!市場は待ってくれない!
(2) GLPの業務の紹介 ~日米双方のプラクティスが分かるからGLPだからできること
(3) 今後の市場動向 ~上陸が予想される後続SVODと国内プラクティスへの影響

2.権利処理(Clearance)の最新実務 (北林氏)
(1) 権利クリアランスが何故求められるのか ~完成保証・E&O保険との密接な関係
(2) 権利クリアランスの具体的な流れ ~海外系SVODプラットフォームに証明を求められてから提出まで
(3) 脚本等のリーガルチェック ~リスクヘッジのためにチェックしておきたいポイント

3.製作経理(Production Accounting)の最新実務 (上住氏)
(1) 製作経理が何故求められるのか ~リアルタイムで予算超過を回避
(2) 製作経理の具体的な流れ ~衝撃的な細かさ
(3) 日米の考え方の違いは何か ~文化の違いを超えて

4.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

照井 勝(てるい まさる) 氏
2000年 長島・大野・常松法律事務所入所
2009年 青山綜合法律事務所にパートナーとして参画
2015年、2017年、2019年 一橋大学大学院法学研究科ビジネスロー専攻非常勤講師(エンタテインメント法)
北林 理沙(きたばやし りさ) 氏
1999年 早稲田大学理工学部応用物理学科卒業
2013年 ANEW株式会社(旧社名:(株)All Nippon Entertainment Works)入社。入社時から日本のコミック、映画、テレビ番組などの権利処理(Chain of Title Clearance)及びハリウッド企業との契約交渉に従事
2018年 STORY株式会社入社。現在、同社取締役として、海外案件を中心に契約・財務に従事
上住 敬一(うえずみ けいいち) 氏
1992年 PwC税理士法人(旧社名:中央クーパース・アンド・ライブランド国際税務事務所)入所
1997年 PwCロスアンジェルス事務所国際税務部門勤務
2002年 ビズアドバイザーズ株式会社設立

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850