SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

原財団特別セミナー

No.S20367

■ライブ配信 ■アーカイブ配信(開催日の3日以降) 
◇本セミナーは、新型コロナウイルス対策として選択受講いただけます◇
【厚生労働省/経済産業省/総務省】

医療ヘルスケアAI・ICT関連重点施策

開催日時 2020年10月16日(金) 午後1時~午後4時20分
会場 会場受講はございません
 
受講料 1名につき 27,500円(税込)
備考 ■ライブ配信
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとPASSを前日までに
   お送り致しますので、開催日時にZoomへご参加ください。

■アーカイブ配信
<1>開催日より3日以降に配信致します。
<2>お申込時にご記入いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、
   視聴用URLをお送り致します。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。
会場受講以外の受講方法について詳しくはこちらをご確認下さい。
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

Ⅰ. 厚生労働省におけるAI・ICT関連施策について

厚生労働省 大臣官房 厚生科学課 バイオテクノロジー専門官

三宅 晴子(みやけ はるこ) 氏

【13:00~14:00】

ICTの活用は、健康寿命延伸や社会保障制度の持続性確保といった課題の解決につながりうる。このため、厚労省では2017年にデータヘルス改革推進本部を設置し、健康・医療・介護分野におけるICTの活用について検討しており、本年7月には「新たな日常にも対応したデータヘルスの集中改革プラン」を公表した。AI活用推進については、保健医療分野AI開発加速コンソーシアムにおいて議論している。これらの取組について紹介する。

1.データヘルス改革について
  ・ゲノム医療・AI活用の推進、PHRの推進、医療・介護現場の情報利活用の推進、
   データベースの効果的な利活用の推進等
2.保健医療分野におけるAI開発・利活用促進に向けた取組について
  ・保健医療分野AI開発加速コンソーシアムにおける議論等
3.質疑応答
Ⅱ. ヘルスケア産業政策の方向性

経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 課長補佐

松高 大喜(まつだか だいき) 氏

【14:10~15:10】

新型コロナウイルス感染症の拡大や超高齢化社会の進展等により社会構造が大きく変革する中で、次々と新たなヘルスケア商品・サービスが生まれているが、質の高い商品・サービスを市場に供給することによる健全な産業振興を図る必要がある。未来の医療福祉分野の在り方についての議論を紹介した上で、現状とのギャップを埋めうるヘルスケア産業政策として重要な、健康情報の利活用に向けた取組、エビデンスに基づく予防・健康づくりの推進、イノベーション創出に向けた取組等について紹介する。

1.ヘルスケア産業を取り巻く環境の変化
2.健康情報の利活用に向けた取組
3.エビデンスに基づく予防・健康づくりの推進
4.イノベーション創出に向けた取組
5.質疑応答
Ⅲ. 総務省における医療・介護・健康分野における取組

総務省 情報流通行政局 情報流通振興課 情報流通高度化推進室 課長補佐

飯島 要介(いいじま ようすけ) 氏

【15:20~16:20】

我が国では、高齢化に伴う社会保障費の増大、医療資源の偏在といった課題が生じており、持続可能な医療提供体制の確保が求められている。これら課題の解決に向けて、ICTにより、全国どこに住んでいても質の高い医療を受けられる環境を確保していく体制構築が重要である。このような認識の下、総務省では、医療・介護・健康分野において、ネットワーク化の推進や先導的なICT利活用の推進といった取組を進めている。

1.医療・介護・健康分野のネットワーク化の推進
  ・民間PHRサービスの普及
  ・オンライン診療
  ・技術実証(5G活用等)
2.医療・介護・健康分野における先導的なICT利活用の推進
  ・遠隔手術(ネットワーク・8Kを活用した研究開発)
  ・海外展開
3.質疑応答

講師プロフィール

三宅 晴子(みやけ はるこ) 氏
2019年7月より現職(厚生労働省大臣官房厚生科学課)。保健医療分野AI開発加速コンソーシアム事務局を担当。
松高 大喜(まつだか だいき) 氏
2014年 東京大学卒業、2016年 同大学院修士課程修了、同年経済産業省入省(通商機構部)。2018年 内閣官房日本経済再生総合事務局主査(成長戦略、規制のサンドボックス制度)、2020年より現職。ヘルスケアIT利活用、エビデンス蓄積の担当。
飯島 要介(いいじま ようすけ) 氏
2004年4月 総務省入省。 2020年7月より現職(情報流通行政局情報流通振興課情報流通高度化推進室)。医療ICTやテレワークの普及推進を担当。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850