SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

医療・介護戦略特別セミナー

No.S20334

■会場受講  ■ライブ配信
◇本セミナーは、新型コロナウイルス対策として選択受講いただけます◇

新型コロナ禍で「激変」する医療政策

開催日時 2020年 9月 4日(金) 午後3時~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
受講料 1名につき 27,500円(税込)
備考 ■ライブ配信について
<1>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLをお送り致します。
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

株式会社薬新 代表取締役

井高 恭彦(いだか やすひこ) 氏

新型コロナ感染症の拡大で、日本の医療政策も「激変」する。医療提供体制、診療報酬、薬価制度改革もこれまで積み上げてきた規定路線が揺らいでいる。病院、薬局、メーカー、卸など医療関連事業者がコロナ禍以前に打ち立てた計画は大修整せざるを得ない。計画修正の前に、何が変わって、何が変わらないのか。整理する必要がある。ジャーナリストとして現場取材で得た情報を基に、現時点で予測し得る未来像をお伝えする。

1.新型コロナ禍によって医療提供体制はどう変わるか?
2.21年の中間改定がどうなるか?
3.新薬の研究開発に与える影響
4.長期収載医薬品に与える影響
5.後発医薬品に与える影響
6.基礎的医薬品に与える影響
7.一般用類似医薬品の今後
8.国内製薬業界の現状と将来
9.質疑応答

講師プロフィール

井高 恭彦(いだか やすひこ) 氏

2009年4月、医薬、医療、健康関連情報の通信社(株)薬新を設立、(株)医薬経済社と法人契約を結び、現在、同社の編集委員。雑誌「医薬経済」、速報媒体「RISFAX」を基盤に精力的に取材、執筆活動を展開し、各紙に記事を配信する。
診療報酬、薬価制度関連のセミナー、勉強会などでの、講演実績多数。過去の講演主催者は行政機関、医療団体、製薬団体、企業、薬局など。テレビ番組で、医療、医薬品問題について発言、コメント出演もする。
明治大学卒業。医薬品業界紙の取材記者として製薬業界、厚労省、国会などを担当し、19年4か月勤務の後、2008年9月に独立。
◎ブログ「薬新カフェ」(毎週月曜日更新)
アクセス上昇継続中⇒http://www.yakushin-iryou.co.jp/

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850