SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

エネルギー・環境戦略特別セミナー

No.S20301

■会場受講  ■ライブ配信
◇本セミナーは、新型コロナウイルス対策として選択受講いただけます◇

日本版容量市場・制度設計の現状と今後の方向性

開催日時 2020年 9月14日(月) 午後2時~午後4時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
受講料 会場受講:1名につき 33,000円(税込)
ライブ配信:1名につき 27,500円(税込)
備考 ●ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとPASSを
   お送り致しますので、開催日時にZoomミーティングへご参加ください。

※ライブ配信受講者へは開催前日までに講演資料のPDF版を電送します。
・資料(PDFデータ)は講師の著作物です。
 資料の複製利用および不特定多数でご覧いただくことはお控えください。
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

エナジープールジャパン株式会社 代表取締役社長
資源エネルギー庁ERAB検討会委員
電力広域的運営推進機関・需給調整市場検討小委員会委員

市村 健(いちむら たけし) 氏

容量市場は本年7月にメインオークションが実施され、2024年市場開始に向け大きく動き出します。同時に「エネルギー供給強靭化法」が成立。託送制度改革・配電ライセンス・アグリゲーターの明示化・FIP制度導入・電気計量制度の合理化等も進捗し、容量市場にも影響を与えます。資源エネルギー庁及び電力広域的運営推進機関で委員会委員を務める講師により、容量市場の方向性と電力ビジネスの可能性について解説します。

1.電気事業とはどうあるべきなのか
2.なぜ容量市場・需給調整市場が必要なのか
3.欧米の容量市場
4.日本版・容量市場の最重要ポイント
5.容量市場が果たすべき役割
6.「エネルギー供給強靭化法」と容量市場の関連性
7.まとめ
8.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

市村 健(いちむら たけし) 氏

1987年東京電力株式会社入社。本店原子燃料部にてカナダ・ウラン鉱山権益買収プロジェクト、その後、本店総務部にて広報渉外・官庁調整・危機管理業務等に17年に亘り従事。その間、議員立法である「エネルギー政策基本法」起草にも携わる。2014年6月東京電力を退社。同年7月よりシュナイダーエレクトリック・デマンドレスポンス事業部ディレクター(エナジープール日本法人設立統括)。2015年6月より現職。併せて、資源エネルギー庁ERAB検討委員(制御量評価WG委員)、電力広域的運営推進機関 需給調整市場検討小委員会・委員、資源エネルギー庁 次世代技術を活用した新たな電力プラットフォームの在り方研究会 オブザーバーを務める。
慶大卒。米国ジョージタウン大学院MBA。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850