SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.S20277

■会場受講  ■ライブ配信  ■アーカイブ配信(開催日の3日以降) 
◇本セミナーは、新型コロナウイルス対策として選択受講いただけます◇

次世代モビリティーの将来の展望

~アフターコロナで自動車産業が今後とるべき対応とは~

開催日時 2020年 8月11日(火) 午後1時30分~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
受講料 1名につき 33,110円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
備考 ■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとPASSを前日までにお送り致しますので、開催日時にZoomへご参加ください。
■アーカイブ配信について
<1>開催日より3日以降に配信致します。
<2>お申込時にご記入いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

開催趣旨

[セミナー参加対象者]
・企業で技術戦略を立案されようとしている方
・これからの自動車及びシステム、部品開発に携われている技術者の方
・コネクティッドカーの開発に従事されている技術者の方

[セミナーで得られる知識]
・エコ社会実現に向けCO2低減は待ったなしの超緊急課題であること
・パリ協定自主目標を達成するために必要な、各国のCO2規制強化案とあるべき削減率とのギャップおよびその対応策
・今後次世代車の中でも技術完成度を整理するとHVが現実解であり、EVは超小型のLSEVが主流になるということ
・CASEにおいてコネクティッドが非常に重要な位置付けにあること
・自動車業界の今後の戦略において、乗って楽しむ車と移動手段の車の2軸で開発が進み、道づくりが非常に重要になること

重点講義内容

愛知工業大学 工学部 客員教授 [元トヨタ自動車(株)] 博士(工学)

藤村 俊夫(ふじむら としお) 氏

地球温暖化による気候変動が我々人類の生活に甚大な影響をおよぼしそれが年々拡大する中、2016年にパリ協定が発効され、2018年末にはCOP24でパリ協定の順守にむけたルールが採択されました。ただし、世界で排出されるCO2は、ピークアウトどころからいまだに増加し平均気温は産業革命以降1℃上昇しています。2019年9月に国連気候変動サミットにおいて、パリ協定では平均気温上昇2℃以下とし1.5℃を努力目標としていましたが、それでは気候危機を避けることができないとの解析結果をもとに1.5℃以下にあらためることを各国に提案しました。それを受け、先進国、新興国の大半は国連が提示する2030年までに現状の45%まで低減、2050年には排出ゼロに向けコミットしました。未だ世界のCO2総排出量がピークアウトしない中で、すぐにでも実効のある対策を講じ、10年以内に半減近くの目標が達成できないと平均気温は産業革命以降1.5℃上昇することになり、そうなっては人間の手ではどうにもならない危機の連鎖に陥ります。
MaaSにかかわる分野でビジネスチャンスを掴むため、自動車関連企業のみならず異業種企業の皆さんも投資拡大を進めていますが、それらをいかにうまくCO2低減につなげていくか考える必要があります。よくCO2低減はお金にならないという話を聞きますが、環境対応を進めないと自然災害による被害はさらに甚大化し、未知のウイルスが永久凍土の融解により地表に現れ世界に蔓延します。そうなると経済成長どころではなくなるということです。環境対応を進める中で多くのイノベーションが生まれ、それらが新しいビジネス創出につながります。
今回のコロナウイルスの蔓延により世界各国で多くの方が亡くなられました。経済活動はストップし、リーマンショックを上回る経済打撃を受けることが予想されます。一方、各国から本来の自然がもどったという報道が寄せられています。これまでの人間による経済活動が、いかに環境を破壊してきたかということを多くの人々は認識したと思います。今回のコロナを機に、産業界は環境対策と持続可能な経済成長を目指していくという変容を求められています。いま変わらなければ、現在の生活は10年後に保証されないということを念頭に、以下の3項目について解説します。
①自動車産業が検討すべきロードマップ(時間軸に対するエンジン車とxEVのセールスミックス)
②CASEにおいて、コネクティッドが自動運転、シームレスな移動を実現するうえで重要であり、MaaSを含めるとこれまでかかわりのなかった、通信、ネットワーク、配車企業等との異業種間の連携が必要となる
③自動車は今後、移動手段(人、もの)に徹した商用車と乗って楽しむ保有車(乗用車)の2軸での開発が必要となり、それぞれに応じた、ADASあるいは自動運転の組み合わせと道路環境整備を進めていく必要があり、異業種間連携はさらに範囲を広げることになる

<第1章>CO2低減は待ったなしの緊急課題!アフターコロナで産業界がなすべき変容とは?
1.世界のCO2排出と気候変動への影響
2.国・地域別CO2排出量とセクター別CO2排出量
3.パリ協定でのCO2自主削減目標からより厳しい目標への見直しの必要性(気候構想サミット)
4.今後のエネルギー消費動向と削減シナリオ
5.各国の電力セクターのエネルギーミックス考慮した、EVのWtWCO2の分析

<第2章>各国・地域の自動車販売予測とCO2規制の妥当性は?
1.世界の今後の新車販売台数増減要因と地域・国別の販売台数予測
2.乗用車(保有)と商用車(利用)比率の今後の推移の予測
3.自動車を取り巻く環境と対応技術の俯瞰
4.自動車用エネルギーの多様化 
  -化石燃料から低炭素燃料/エネルギーへ-
5.各国・地域ごとの、2021~2030年までのCO2規制値
6.2050年のCO2排出量予測をもとにパリ協定自主目標を達成するために必要な規制強化案
7.2021年CO2規制対応で苦境に喘ぐ欧州メーカと欧州連合の救済措置としてのPHV導入

<第3章>技術完成度からみた次世代車導入優先順位 (HV、PHV、EV、FCV)
1.次世代車の大分類と個々の課題と対応技術
2.次世代車のコスト/航続距離/重量/コスト比較と展開難易度
3.今後のエンジン車と次世代車(HV、PHV、RE、EV、FCV)展開に向けた考え方
4.各国政府、自動車メーカのアナウンスの分析
5.車両改良技術の俯瞰
6.エンジン車、電動車の技術改良の方向性と達成手段
7.車両軽量化対応(マルチマテリアル化、ホットスタンプの多用化等)

<第4章>あるべき将来シナリオ
1.世界の自動車のセールスミックス(~2050年)と投入技術の道筋
2.パリ協定CO2自主目標達成の可能性と年率削減率の提示
3.各国・地域(先進国と新興国)での自動車のセールスミックス(~2050年)と年率削減率
4.補助金に支えらえてきた世界のZEV(EV、PHV、FCV)販売動向
5.セールスミックス実現に向けた3つの重点課題
  (緩い規制値、HV販売、燃料多様化)
6.自動車メーカ2大巨頭の今後の戦略

<第5章>MaaS実現のためにCASEが果たすべき役割
1.CASE、MaaSそれぞれの関連とコネクティッドシティーへの繋がり
2.コネクティッドカーから取得する情報とエンドユーザーおよびその活用法(情報銀行、ブロックチェーン)
3.ADAS(先進運転支援システム)から自動運転への進化および交通インフラ協調の重要性
4.自動運転のレベルと導入優先順位および課題
5.自動運転実現に向けた2つのアプローチ(保有車と利用車)
6.各国のレベル3に関する法規動向と自動車メーカの開発動向
7.自動運転の市場導入率予測

<第6章>MaaS突入に向けた企業連携とその先に繋がるコネクティッドシティー構想
1.全方位で進めるために必要な技術連携のあるべき姿
2.大都市、地方都市、郊外、僻地におけるモビィリティー(自動車以外の交通手段の総称)の位置付けとそれぞれに応じた道路環境整備の必要
3.将来自動車の棲み分け(航続距離、商用・乗用、コスト等)と各社の動向
4.コネクティッドシティーを視野に入れた自動車メーカの戦略は?

<まとめ>

講師プロフィール

藤村 俊夫(ふじむら としお) 氏

1980年に岡山大学大学院工学研究科修士課程を修了し、トヨタ自動車工業入社。入社後31年間、本社技術部にてエンジンの設計開発に従事し、エンジンの機能部品設計(噴射システム、触媒システムなど)、制御技術開発およびエンジンの各種性能改良を行った。2004年に基幹職1級(部長職)となり、将来エンジンの技術開発推進、将来エンジンの技術シナリオ策定を行う。2011年に愛知工業大学工学部に出向(その後2015年に転籍)し、機械学科教授として熱力学、機械設計工学、自動車工学概論、エンジン燃焼特論の講義を担当。2018年4月より愛知工業大学工学部客員教授となり、同時にTouson自動車戦略研究所を立ち上げ、自動車関連企業の技術顧問、技術コンサルティング、自動車技術動向関連の寄稿、エンジン関連書籍の執筆、各種セミナー、講演会などを実施中。
活動(研究歴、所属学会、著書など) :自動車技術会 代議員/論文校閲委員、日本機械学会(2017年3月までエンジンシステム研究会主査)。2001年「ディーゼル新触媒システム(DPNR)」で日経BP賞技術賞エコロジー部門賞受賞。2003年「ディーゼルPM、NOx同時低減触媒システムDPNR」で日本機械学会技術賞受賞。サーマルマネージメント材料技術(サイエンス&テクノロジー2019年7月)。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850