SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

モバイル戦略特別セミナー

No.S20163

■会場受講  ■オンライン受講(開催日の3~10日後)
◇本セミナーは、新型コロナウイルス対策として選択受講いただけます◇

NTTコミュニケーションズのローカル5G戦略

~ローカル5G×多段エッジコンピューティング(MEC)でSmart Worldの実現を目指す~

開催日時 2020年 4月10日(金) 午後3時~午後5時
会場 紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F
受講料 1名につき 33,770円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
備考 ■オンライン受講について
<1>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第(3~10日後を予定)、視聴用URLをお送りいたします。
<2>YouTubeでの配信です。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

NTTコミュニケーションズ株式会社 技術開発部
技術戦略部門長

貞田 洋明(さだた ひろあき) 氏

ローカル5Gの制度化により、ライセンスバンドを独自で所有することができるようになったことで、切れない安全なネットワークを所望する企業や自治体を中心に高い期待が集まっています。
一方、NTTコミュニケーションズでは、ネットワーク上でトラフィックが集中する箇所(ネットワークエッジやデータセンター、CPEなど)に多段でコンピュートリソースを配置し、通信の用途に応じてトラフィック制御やセキュリティなどの機能を提供するプラットフォームを開発してきました。
このローカル5Gと多段エッジコンピューティングを組み合わせ、さらに端末から中継ネットワーク/クラウドまでエンドエンドでトータルにマネージメントするソリューション(Smart Data Platform)を提供することで、5Gの特徴(広帯域、低遅延、多端末接続)を活かしたSmart Worldの実現に取り組んでいます。
本講演では、現在の最新状況と、コムの事業戦略、今後の課題と展望についてもご紹介します。

1.ローカル5Gの現状
2.2020年度にできること
3.多段エッジコンピューティングとネットワークスライシング
4.NTTコミュニケーションズの実証実験
5.Smart World実現に向けた今後の展望
6.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

貞田 洋明(さだた ひろあき) 氏

1990年、慶應義塾大学大学院を卒業後、日本電信電話株式会社に入社。通信網総合研究所に配属。
1999年、NTT再編時にNTTコミュニケーションズ株式会社に所属。
2001年からは総務省のプロジェクトに参画し、IPv6やアジアブロードバンド等の各種施策に従事。
2008年、同社のR&D組織である先端IPアーキテクチャセンタに所属し、先行技術や新領域技術の開発を推進。
2016年より現職。社内に5Gに関する組織横断のチームを構築し、現在ローカル5Gの事業化を進めている。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850