SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

放送・メディア・著作権戦略特別セミナー

No.S20146

【動き始める5G、ローカル5G】

CATVと動画配信の3年後を決める

開催日時 2020年 3月 4日(水) 午後2時~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
受講料 1名につき 33,000円(税込)
同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

株式会社オフィスN 代表取締役

西 正(にし ただし) 氏

全国BANDの5Gは春先から、ローカル5Gの第一陣が遅くとも3月の頭にはサービスを開始する。
基地局の問題もあり、全国BANDの5Gも、いきなり全国で一斉にサービスが始まるとは思えない。また、ローカル5Gの方は、免許を付与しやすい屋内利用を対象にした申請が行なわれるはずなので、こちらも随所に分かれて、サービスがスタートすることなる。
すなわち、いずも先行してスタートする地点での評判や評価が、次なるサービスに広がって行くかどうかを決めることになる。
ローカル5Gについては、拡張帯域の議論の中で、全国BANDに予定されていた帯域が使われる方針を総務省が打ち出したことから、正式にアクションプランに組み込まれるまでに、かなり白熱した議論が交わされそうである。
5Gのスタート直前、ローカル5Gの拡張帯域について、正確な情報をいち早く掴んでおくことがサービスの成功を決めることになる。
そこに焦点を当てて、解説および情報提供を行なっていく。

1.FTTHかローカル5Gか、最終決断が求められるCATV
2.サブシックスの帯域は誰が持つことになるのか
3.端末と通信料の分離、全国BANDのサービスへの影響は
4.5G基地局シェアリングサービスの導入の可否
5.5Gの動画配信は、国内動画配信市場のシェアを変えるか
6.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

西 正(にし ただし) 氏

1982年 東京大学法学部卒業。同年 三井銀行(現三井住友銀行)入行。1994年 さくら総合研究所メディア調査室長。2001年 日本総研メディア研究センター所長。2003年 現職。
<著書>『4K、8K、スマートテレビのゆくえ』、『地デジ化の真実』、『競合か協調か -メディア企業選択の時』、『IPTV革命 -放送・ネット・モバイルのビジネスモデルが変わる』、 『新メディア進化論 -インターネットに押されるテレビ』、『メディアの黙示録』など多数

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850