SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

エネルギー・環境戦略特別セミナー

No.S20145

■ライブ配信 ■アーカイブ配信(開催日の3日以降)

急激に進む米国エネルギー革命2050

~全5回シリーズ~

開催日時 2020年 7月14日(火) 午前9時30分~午後0時
会場 会場受講はございません
 
受講料 【各回】 1名につき 33,000円(税込)
備考 ■ライブ配信 
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとPASSを
前日までにお送り致しますので、開催日時にZoomミーティングへご参加ください。

■アーカイブ配信
<1>開催日より3~10日以降に配信致します。
<2>お申込時にご記入いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意が
でき次第、視聴用URLをお送り致します。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。

※プログラムは最新状況に応じて変更する場合があります
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

開催趣旨

米国にとって「エネルギー政策」は「国家安全保障上の問題」であり、また「雇用創出」でもある。トランプ政権が、パリ協定からの離脱を宣言する等、クリーンエネルギーには逆風が吹いているような報道が日本では散見されるが、実際問題としては、エネルギー政策は連邦政府よりも州政府が主導しており、大きな後退は感じられない。
連邦政府と州政府のねじれ構造や、化石燃料に依存する産業構造等の問題はあるが、「エネルギーインフラを再構築する」という意識は、各レベルの政府や民間企業での共通認識となっており、SDGsやダイベストメントの流れは日々強くなっている。日本ではわかりづらいこれらの流れを認識することは、「周回遅れ」と言われる日本にとって非常に大事である。米国に20年以上居住し、これらの流れをつぶさに見てきた講師が、5回シリーズで解説する。

重点講義内容

Ⅰ. 【第1回・6月30日】米国におけるエネルギー革命2050【終了しました】
~再エネの急増と平行に進むインフラの再構築~

クリーンエネルギー研究所 代表

阪口 幸雄(さかぐち ゆきお) 氏

第一回のオンラインセイナーのお申し込みは
こちらをご覧ください。
Ⅱ. 【第2回・7月3日】米国で急激に進むマイクログリッド【終了しました】
~増える災害への準備とマイクログリッドの経済性の両立を狙う~
第二回のオンラインセイナーのお申し込みは
こちらをご覧ください。
Ⅲ. 【第3回・7月7日】蛇行しながらも進むスマートシティ革命【終了しました】
~クーグル・アマゾン・マイクロソフトは「Winner take all」を狙う~
第三回のオンラインセイナーのお申し込みは
こちらをご覧ください。
Ⅳ. 【第4回・7月9日】米国で進むエネルギー貯蔵革命【終了しました】
~テスラよ、どこへ行く~
第四回のオンラインセイナーのお申し込みは
こちらをご覧ください。
Ⅴ. 【第5回・7月14日】米国の温暖化対策の最前線
~先進のカリフォルニア州の状況を中心に~
【09:30~12:00】

トランプ政権は、2016年の選挙時の公約に従って、パリ協定からの離脱を宣言した(まだ離脱していない)。しかし、米国の先進州はパリ協定と同じ目標を掲げ、独自の温暖化対策とエネルギーインフラの再構築に向かう。このややこしい関係を、カリフォルニア州(国家とみなすとGDP5位)を例に取りながら多方面から解析し、日本が学べることは何かを考える。

1.地方自治体と民間企業主体で進む温暖化対策
 (1)米国ではエネルギーはどこで使われ、どこで無駄にされているか
 (2)再エネ発電の増加と運輸セクターのゼロエミッション化が先行
 (3)民間企業の取り組み
 (4)日本では発電のクリーン化が注目されるが米国ではその先へ
2.産業セクター毎の対策と予想効果
 (1)発電セクター
 (2)運輸セクター
 (3)鉱工業セクター
 (4)商業セクター
 (5)住宅セクター
 (6)農業セクター
3.熱が大きなハードル
 (1)熱を活かすか殺すか
 (2)住宅・商業・鉱工業セクターでの天然ガス使用禁止に向けて
 (3)新築住宅へのガス管設置禁止の流れを考える
4.キャップアンドトレード制度
 (1)増え続ける再エネ発電がエネルギー貯蔵を後押し
 (2)電力会社向けの大型エネルギー貯蔵
 (3)商工業顧客向けのエネルギー貯蔵
 (4)住宅向けのエネルギー貯蔵装置
 (5)具体例
5.日本のビジネスチャンスを考える
6.質疑応答
※質疑応答はライブ受講のみとなります。

講師プロフィール

阪口 幸雄(さかぐち ゆきお) 氏
シリコンバレー在住の著名コンサルタント。米国のクリーンエネルギーと、日本のビジネスへの影響にフォーカスしたコンサルタント会社の代表をつとめる。シリコンバレーを中心に、エネルギー問題の定点観測を長期間行い、今後の動向と日本企業の対応についてのきわめて明解なビジョンを持つ。専門分野は、エネルギー貯蔵、発送電分離、デマンドレスポンス、分散電源、太陽光発電、水素発電、電気自動車、等。
日本の大手エネルギー企業、日本政府機関、大学等のアドバイザーを多数務める。
シリコンバレーに20年以上在住。日立(日本と米国)にて17年間最先端の半導体の開発に携わったあと、そのビジネス経験や物性の知識を活用すべくエネルギー分野に。
ホームページ http://www.technology4terra.org
「日経エネルギーNext」に「シリコンバレー発、電力Biz」を連載中
https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/112900154/113000002/

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850