SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.S20136

【モビリティ、医療、エンタメ、観光、住宅等各産業の激動の未来】

SF考証家が描く21.5世紀のサバイバル

-AIの大進化や最先端科学から斬新で説得力のあるアイデア・世界観の構築方法と未来予測の現状-

開催日時 2020年 4月 7日(火) 午後1時30分~午後5時
会場 AP虎ノ門
東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル
受講料 1名につき 33,000円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

SF考証家/小説家

高島 雄哉(たかしま ゆうや) 氏

収集した情報を元に、いかに次世代のイメージを見出し、そこからさらに新しい世界観を構築していくのかということは、ありとあらゆる分野でますます重要になっています。
現代の小説や映画、そしてアニメーションやゲームにおいては-世界観設定にしてもストーリーにしても-<斬新さ>と<説得力>が強く求められます。
本講では、科学とSFが描き出す新世紀のイメージがどのように構築されているのかを考察しながら、この<斬新さ>と<説得力>を二つの軸として、どのように世界観や物語を構築しているのかを理論的に解説します。

1.<準備> これから求められる新世紀のアイデアの方向性について
2.<収集> 情報収集の領域を拡張する方法について
3.<取材> 想像の基点としての取材について
4.<想像> 科学とSFの想像力について
5.<構築> 斬新さと説得力を持つアイデアを構築するために
6.<考証> 状況分析について
7.<発展> 未来予測の現状と展望について
8.質疑応答/名刺交換

※プログラムは変更する場合があります。予め御了承ください

講師プロフィール

高島 雄哉(たかしま ゆうや) 氏

東京大学理学部物理学科卒業、東京藝術大学美術学部芸術学科卒業。
小説家としてはサイエンスの知見を多く盛り込んだ<ハードSF>を得意とする。2014年 「ランドスケープと夏の定理」で第5回創元SF短編賞を受賞して小説家デビュー。同年 「わたしを数える」で第1回星新一賞入選。
SF考証とは、アニメやゲームあるいは実写映画において、科学とSFのアイデアを作品世界に取り入れるスタッフであり、日本に10人前後しかいない。2016年以降 SF考証として『ゼーガペインADP』や『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV』、その他アニメーションやゲームのシナリオおよび世界観設定を担当。
著書「アニメのSF考証家が描く未来のカタチ 21.5世紀 僕たちはどう生きるか?」(2019年10月 講談社)

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850