SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

医療・介護戦略特別セミナー

No.S20061

2020年度診療報酬改定を踏まえ

地域で生き残りをかけ本格的に在宅医療を行うためのノウハウ

開催日時 2020年 2月29日(土) 午後1時~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
受講料 1名につき 33,550円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

医療法人社団 永生会 特別顧問

中村 哲生(なかむら てつお) 氏

各エリアで病院による在宅医療が始まっている。
2018年の診療報酬改定により地域包括ケア病棟への移行により算定条件にあてはめるため、とりあえず在宅医療の届け出を行ったという病院は多いことと思う。
また、外来の初診に機能強化加算を算定する為に在宅医療の届け出をした医療機関も多数あるだろう。
今後の診療報酬改定では在宅医療は届け出だけではなく患者実績が問われるようになるのは容易に想像ができる。
さて、病院が行う在宅医療はどのように始めるのが良いのだろう。
次回診療報酬改定も含め今後、地域での生き残りをかけ本格的に在宅医療を行うためのセミナーとしたい。

1.病院の在宅医療 何が武器になるか
2.集患はいかにするか
3.医師の手当は
4.在宅医療黒字化戦略
5.在宅医療の差別化とは
6.診療報酬改定のポイント
7.在宅医療のシステム化
8.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

中村 哲生(なかむら てつお) 氏

1988年 東海大学工学部卒、渡米。ペンシルベニア州テンプル大学語学留学/1990年 スポーツ振興(株)/1991年 (株)ミクニ/1995年 医療法人黎明会理事/1998年 郵政省郵政研究会研究員
2000年 日本訪問看護振興財団 訪問看護ステーションとヘルパーステーションの効果的な機能分化に関する研究会 研究委員、 同年 (株)エムイーネット 代表取締役/2001年 第15回日本コンピュターサイエンス学会会頭、日本コンピュターサイエンス学会理事/2004年 メディネット(株)取締役/2007年 オーシン(株)代表取締役/2010年 (株)コミュニティーチェスト代表取締役
2012年 財団法人日本健康文化振興会理事/2017年3月現職

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850