SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

医療・介護戦略特別セミナー

No.S20034

■協力 一般財団法人長寿社会開発センター国際長寿センター

欧州の新潮流:リエイブルメントサービス

-高齢者の地域生活継続を目指して-

開催日時 2020年 1月22日(水) 午後1時~午後4時50分
会場 AP虎ノ門
東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル
受講料 1名につき 27,500円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

Ⅰ. 欧州における高齢者支援のパラダイムシフト

東京家政大学 人文学部 准教授

松岡 洋子(まつおか ようこ) 氏

【13:00~14:10】

ヨーロッパの高福祉国では、高齢者の機能低下や「できない」に対して、制度的サービスによる解決から大胆に脱皮しようとしている。一人ひとりの対話からその人の「well‐being(幸福)」や「力」を見つけ出し、地域の資源を総動員して解決するやり方である。リエイブルメントや社会的処方は、彼らの一つの解答である。

1.ヘルス概念の変化と高齢者観の変化
2.「サービス提供原則」から「well‐being原則」へ
3.デンマーク、イギリスの「リエイブルメント」
4.オランダの「インフォーマルファースト」「社会的処方」
5.日本のお家芸AI, IoTへの熱い視線
Ⅱ. リエイブルメントの実際-well‐beingに溢れた生活を取り戻す-

株式会社TRAPE 代表取締役/CWD
大阪大学医学系研究科保健専攻招聘教員

鎌田 大啓(かまた ともひろ) 氏

【14:20~15:30】

「ひとには常に可能性がある」。しかし、今までの視点の延長では課題を可能性に変えることはできない。そこにはperson centered、community based、strength based、asset basedなどの視点を用いて、ひとの可能性=ひとが自分らしいwell‐beingな日常をおくることについて追求していく必要がある。その1つの効果的な方法として今「リエイブルメント」が脚光を浴びている。

1.person centered approach
2.community based approach
3.strength based approach
4.asset based approach
5.対話
6.セルフマネジメント
7.専門職の教育アップデート
8.多職種連携
Ⅲ. リエイブルメントがもたらす地域包括ケアへのインパクト

一般財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構研究部主任研究員
兼研究総務部次長・さわやか福祉財団研究アドバイザー

服部 真治(はっとり しんじ) 氏

【15:40~16:50】

地域包括ケアシステムの構築において、いかに総合事業を活用できるかが重要な課題の一つになっていますが、住民主体の支援の重要性を強調するあまり、専門職が果たすべき役割が理解されていないように思います。欧州で急速に広がるリエイブルメントと総合事業の類似性を学び、総合事業の本質を理解しましょう。

1.欧州の潮流と介護予防・日常生活支援総合事業
2.介護予防・生活支援サービスの提供責任
3.アセスメント
    ・要支援認定と基本チェックリスト
    ・ケアマネジメント
4.地域リハビリテーション活動支援事業
5.リエイブルメントと短期集中サービス(C型)
6.社会参加と生活支援コーディネーター

講師プロフィール

松岡 洋子(まつおか ようこ) 氏
1997年デンマークに暮らしたことをきっかけに、高齢者福祉の研究を住まい・ケア・地域の視点から始める。『エイジング・イン・プレイス』をテーマに、調査対象をオランダ、イギリスへと広げる。近年は、国際長寿センターの調査を通じて知る欧州諸国の新しい展開に着目している。著書は「老人ホームを超えて」(2001、クリエイツかもがわ)、「デンマークの高齢者福祉と地域居住」(2005、新評論)、「エイジング・イン・プレイスと高齢者住宅」(2011、新評論)など。社会福祉士、博士(社会福祉学)。東京家政大学准教授。
鎌田 大啓(かまた ともひろ) 氏
作業療法免許取得後、病院勤務を経て、地域医療を展開している医療法人の介護部門をまとめセンターを設立。センター長として、介護保険の原点である「自立支援」を軸とした介護サービス(訪問看護・リハビリ、通所リハビリ、ケアプランセンター)を展開。同時に、吹田市介護保険事業者連絡会会長としても多くの介護事業者、行政、住民と交わり地域づくりに取り組む。この中でステークホルダーがそれぞれ感じている課題をそのままにしている業界の課題を痛感。それぞれの強みを見出し新たなに強み同士をつなぎ合わせる(コネクトする)デザインの必要性を感じ2015年に株式会社TRAPEを設立。
TRAPEは、日々の何気ない日常の中で「ひと」と「ひと」が繋がり、様々なコミュニティが生み出され、その中で「ひと」が自分にとって意味のある役割をもち続けられる状態こそが、「ひと」にとってのwell‐beingであるという事を最も大切にしている。こんな世界(1人の「ひと」が自分にとって最高の社会的役割を持ち続けられているwell‐beingに溢れた地域コミュニティ)をつくるために背景の異なる様々メンバーと多くのプロトタイプを生み出し、Try&Errorを重ねて常にアップデートを行っている。
服部 真治(はっとり しんじ) 氏
1996年東京都八王子市入庁。2005年健康福祉部介護サービス課。
その後、介護保険課主査、財政課主査、高齢者支援課課長補佐、高齢者いきいき課課長補佐を経て、2014年厚生労働省老健局総務課・介護保険計画課・振興課併任課長補佐。2016年より現職。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850