SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

原財団特別セミナー

No.S19269

【経済産業省/環境省/金沢工業大学】

セルロースナノファイバー関連施策と自動車への展開

開催日時 2019年 8月20日(火) 午後1時~午後4時50分
会場 紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F
受講料 1名につき 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

Ⅰ. セルロースナノファイバーの社会実装に向けた政策と動向

経済産業省 製造産業局 素材産業課 革新素材室 課長補佐

岸 智之(きし ともゆき) 氏

【13:00~14:10】

現在、全国レベル、地域レベルでセルロースナノファイバー(CNF)の早期実用化・普及を目指した様々な活動が行われており、製品化事例も相次いでいるところである。
本講演では、CNFを取り巻く状況、産業技術総合研究所のコンソーシアムであるナノセルロースフォーラムにおける活動、ユーザーとメーカーのマッチングの促進に向けた取組、経済産業省で進めているCNFの社会実装に向けた技術開発の取組のほか、実際にCNFを活用した実用化例、研究開発例等について紹介する。

1.CNFを取り巻く状況
2.ナノセルロースフォーラムにおける活動
3.ユーザーとメーカーのマッチングの促進に向けた取組
4.経済産業省で進めているCNFの社会実装に向けた技術開発の取組
5.CNFを活用した実用化例、研究開発例等
6.質疑応答/名刺交換
Ⅱ. 環境省のCNFへの取組みと将来展望

環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 地球温暖化対策事業室 室長補佐

河田 陽平(かわだ ようへい) 氏

【14:20~15:30】

本年6月に閣議決定された成長戦略フォローアップにおいて「自動車の軽量化、建材の断熱性能の向上等に資するセルロースナノファイバー等の新素材の研究開発・実証を進める。」と明記され、国としてCNFへの取組みを進めています。環境省としても地球温暖化対策計画でCNFの活用を織り込んでおり、各省と連携しつつ、その社会実装を支援しているところで、第3講座で紹介されるNCVプロジェクトをはじめ、自動車、家電、住宅建材を中心に性能評価事業を実施し、二酸化炭素削減効果を評価しています。
今回はこれまでの事業成果および進捗についてご紹介致します。

1.地球温暖化の現状とCO2削減の方向性
2.CNFの環境行政上の位置付け
3.今年度予算概要
4.事業成果、進捗
5.CNFへの期待
6.質疑応答/名刺交換
Ⅲ. CNFの自動車展開の可能性と普及に関して

金沢工業大学 大学院工学研究科 高信頼ものづくり専攻 教授

影山 裕史(かげやま ゆうじ) 氏

【15:40~16:50】

自動車の緊急課題である走行時のCO2排出量規制には軽量化が有効であり、今、軽量材料が注目されている。更にその先には本格的なLCAの挑戦が控えているが、現在、軽量でLCAに優れた材料は皆無である。NEDOプロジェクトではいち早くCNFの潜在性に目を付け、材料化を実施してきた。更に環境省では、そのCNF材料の実装化としてNCVプロジェクトを発足した。
ここでは、その一連のプロジェクトを通して分かったことを紹介し、将来の自動車構成材料として定着・普及するための課題と展望について、様々な観点から議論してみたい。

1.将来の自動車を取り巻く環境
2.自動車材料の動向とCNFへの期待
3.NCVプロジェクト開発を通して分かったこと:部品化の可能性
4.NCVプロジェクト開発を通して分かったこと:更なる素材改良の方向性
5.CNFの自動車構成材料としての定着と普及のためには
6.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

岸 智之(きし ともゆき) 氏
2008年4月 特許庁入庁。特許審査官として電池、金属材料、高分子材料等の分野の特許審査に従事。その間、特許庁総務部総務課制度審議室、内閣官房にて特許法等の法律改正を担当。2018年7月より現職。
河田 陽平(かわだ ようへい) 氏
2015年に民間企業から転職し環境省へ入省。民間企業時代は自動車業界で自動車部品設計、自動車開発、経営企画等幅広く経験、2015年4月より環境省にて容器包装リサイクル法を担当。2017年4月より現職。
影山 裕史(かげやま ゆうじ) 氏
東京工業大学有機材料工学修士課程修了後、トヨタ自動車(株)(当時トヨタ自動車工業(株))入社。東富士研究所にて自動車軽量材料の研究に従事、軽量ボデー、ユニット材料の研究や開発、またバイオプラスチックスの応用研究を手掛けた後、2002年本社技術部にてCFRPボデーの開発に従事。レクサスLFAのCFRPボデーの量産技術開発等を務めた。2014年定年と同時に金沢工業大学 大学院工学研究科 高信頼ものづくり専攻教授に就任。
現在、講義のほか、政府系プロジェクトや省庁の評価委員等、また企業のコンサルや共同研究に従事。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850