SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.S19262

(株)経営コンサルテクノセミナー
開発進む諸外国に対し、我が国開発第一人者が目指す

EV用リチュウムイオン電池の特性、要素技術と世界市場動向

開催日時 2019年 7月16日(火) 午後1時30分~午後4時30分
会場 港区立商工会館 会議室
東京都港区海岸1-4-28
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考 ※経営コンサル主催につき、プレミアム会員様(招待券含)も通常の受講料が発生いたします。
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

株式会社オザワエナックス 代表取締役

小沢 和典(おざわ かずのり) 氏

リチュウムイオン電池は日本のソニーが世界で初めて開発したにもかかわらず、韓国、中国の後塵を拝している。全ての技術及び産業は常に流動的であり、その地位を保つためには深い洞察と革新がなければならない。中国では巨大工場と共に安全性を高めるための新たな動きが出きた。しかし既にインドをはじめとする東南アジア諸国でも急速に成長しつつある。
本講座ではリチュウムイオン電池の生の親である本人をもう一度世界のリーダ―にするための考え方と行動の指針を与える。

1.リチュウムイオン電池の基本特性

2.世界のEV事情

3.EV用リチュウムイオン電池に求められる特性

4.部材に求められる特性
 (1)正極材
 (2)負極財
 (3)セパレータ
 (4)関連部材

5.製造法の改善
 (1)塗布工程(溶剤系、水素、塗布高速化)
 (2)組立て工程(ドライルームの簡略化、金型高速化)
 (3)評価工程(エージング、評価項目)

6.EVの多様化と将来
 (1)Mild Hybrid, Hybrid Plug-in, Hybrid Battery EV
 (2)Fuel Cell EV
 (3)小型、大型、乗用車、商用車、遠距離バス

7.日本の進むべき道
 (1)ガラパゴスを避け世界を見る
 (2)日本の特性を生かす

8.総合力 他 質疑応答

講師プロフィール

小沢 和典(おざわ かずのり) 氏

1967年 東京大学物理工学科卒業
1972年 米国ペンシルバニア大金属工学修士課程
1982年 東北大学工学博士学位授与
1967年 ソニー(株)入社 リチュウムイオン二次電池等の開発及び生産技術を担当 戦略本部部長、電池事業本部本部長
1991年 リチュウムイオン二次電池の実用化(世界初)
1996年 ソニー(株)退社、エナックス(株)設立 
2014年 エナックス(株)退社、
2014年 オザワエナックス設立 現在の至る
「書籍」「世界のリチュウムイオン電池産業と市場動向」2015年CMCリサーチ他

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850