SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

医療・介護戦略特別セミナー

No.S19100

【京都大学/野村総合研究所/NTTドコモ】

オンライン診療(遠隔医療)、医療ICTの最前線

開催日時 2019年 4月19日(金) 午後1時~午後4時50分
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
受講料 1名につき 33,800円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

Ⅰ. 次世代医療基盤と遠隔モニタリングが拓く情報化時代の医療

京都大学医学部附属病院 医療情報企画部長/病院長補佐
京都大学 医学研究科 医学・医科学専攻 医療情報学分野 兼
情報学研究科 社会情報学専攻 医療情報学講座 教授

黒田 知宏(くろだ ともひろ) 氏

【13:00~14:10】

平成30年度診療報酬改訂では、「オンライン診療」の解禁によって「遠隔医療」を正々堂々と実施できる未来への扉が開かれたことに、衆生の耳目が集まっている。しかし、医療を本質的に変える可能性の扉を開いたのは、同時に収載された在宅呼吸管理機器の「遠隔モニタリング」にあると、講演者は見る。
IoTを体現する「遠隔モニタリング」と医療ビッグデータ基盤である「次世代医療基盤」が出逢うことで現れつつある、情報技術が「そこにある」時代の医療の姿を、本講演では展望する。

1.次世代医療基盤法と医療ビッグデータ
2.オンライン診療と遠隔モニタリング
3.Internet of Things
4.Context Aware Information Service
5.ソーシャルホスピタル
6.質疑応答/名刺交換
Ⅱ. オンライン診療、医療ICT化の最新動向と将来展望

(株)野村総合研究所 コンサルティング事業本部
グローバル製造業コンサルティング部 主任コンサルタント

横内 瑛(よこうち あきら) 氏

【14:20~15:30】

わが国では、過去10年の間にスマートフォンやタブレット型端末などの急速な普及とデータ通信技術の進展でICTの大衆化がもたらされ、遠隔診療の普及を妨げてきた通信技術面の課題が解消された。2017年4月の未来投資会議を経て、遠隔診療の普及促進に向けた診療報酬の新設や法整備などが進んだことで、2018年4月からは一部の疾病においてオンライン診療に対する診療報酬が認められるなど、歴史的な一歩を踏み出したとも言える。
本講では、まず現状のオンライン診療の実態と普及阻害要因に触れ、オンライン診療の可能性をわが国の医療政策と照らし合わせる。その上で、オンライン診療の将来展望および周辺で新興しうる新規事業機会の萌芽について述べたい。

1.オンライン診療・医療ICTを取り巻く現状の事業環境
2.オンライン診療の利活用実態
3.オンライン診療の普及阻害要因
4.オンライン診療・医療ICTの将来展望
5.オンライン診療・医療ICT領域における新規事業機会の萌芽
6.質疑応答/名刺交換
Ⅲ. 第5世代移動通信5Gの医療分野への応用

(株)NTTドコモ 5Gイノベーション推進室 担当部長

奥村 幸彦(おくむら ゆきひこ) 氏

【15:40~16:50】

第5世代移動通信5Gは、既存の移動通信をさらに発展させた超高速・大容量、超低遅延、多数接続などの特徴を持つ次世代の移動通信であり、国内外において実現に向けた取り組みが活発に行われている。本講演では、5Gにより実現が期待される新しいアプリケーション・サービスのうち、5Gの特徴を活かした医療分野への応用に関して、ドコモが連携パートナーとともに提案しているソリューションを紹介するとともに、それらの検証試験や模擬試験について最新の取り組状況を述べる。

1.5Gを遠隔診療に活用することによるメリットと課題
2.5Gを活用する新サービスによる地域医療へ貢献
3.5Gを活用する新サービスによる救急医療へ貢献
4.より高度な医療への5Gの活用可能性
5.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

黒田 知宏(くろだ ともひろ) 氏
1994年 京都大学工学部情報工学科卒業。1998年 奈良先端科学技術大学院大学情報学研究科修了。博士(工学)。奈良先端科学技術大学院大学情報学研究科助手、オウル大学情報処理科学科客員教授、京都大学医学部附属病院講師、大阪大学基礎工学研究科准教授等を経て、2013年より現職。ヒューマンインタフェース、医療情報学等の研究、特に、融合現実感(Mixed Reality)、ユビキタスコンピューティング等の高度情報技術の医療・福祉分野への応用に関する研究に従事。日本医療情報学会、日本生体医工学会等の理事。IEEE、電子情報通信学会等の会員。
横内 瑛(よこうち あきら) 氏
2012年3月 東京工業大学大学院 生命理工学研究科 分子生命科学専攻 理学修士課程 修了。2012年4月 (株)野村総合研究所 入社。金融コンサルティング部 消費サービス・ヘルスケアコンサルティング。2018年4月~ グローバル製造業コンサルティング部 主任コンサルタント。【専門分野】オンライン診療。ヘルスケア系事業戦略立案。医療・社会保障。地域医療マーケットアクセス支援。【主な対外発表】「医療資源の不足と偏在の解消策としてオンライン診療が担う期待と課題」(知的資産創造2018年9月号)。【主要プロジェクト】オンライン診療:特定疾患における遠隔モニタリングデバイスを活用した地域医療連携モデル構築支援(2017年)。国家戦略特区における遠隔診療・電子処方箋・遠隔服薬指導の検討支援(2017年)。在宅患者向け遠隔診療の普及促進に向けた調査研究の請負(総務省、2017年)。
奥村 幸彦(おくむら ゆきひこ) 氏
1992年にNTTドコモ入社以来、一貫してデジタル移動無線アクセス方式・技術の研究、国際標準化、商用装置開発に従事。現在、NTTドコモ5Gイノベーション推進室において、5Gの実現及びサービス創出に向けた新無線アクセス技術・方式の実証実験及びシステムトライアルを推進中。第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)総合実証試験推進グループリーダ。博士(工学)

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850