SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

エネルギー・環境戦略特別セミナー

No.S19070

送配電事業の課題と蓄電池を取り巻くビジネス

-再エネ大量導入に必要不可欠な調整力の運用と市場動向は
-VPP、蓄電池、卒FIT等で高まるビジネス機運への対応は

開催日時 2019年 2月19日(火) 午後2時~午後5時
会場 TKP虎ノ門駅前カンファレンスセンター
東京都港区虎ノ門1-4-3 NT虎ノ門ビル
受講料 1名につき 33,500円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

Ⅰ. 再生可能エネルギーの拡大普及に備えた送配電事業の課題と方向性

関西電力株式会社 送配電カンパニー 企画部 部長

松浦 康雄(まつうら やすお) 氏

【14:00~15:25】

再生可能エネルギーの大量導入に当たっては、出力予測誤差や出力変動に対して調整力が必要不可欠である。本講演では、電力系統で必要となる調整力について、各種市場等の創設動向を整理した上で、蓄電池の活用に焦点を当てる。また、欧州における再エネや分散型電源の動向、課題整理の方向性についても紹介し、議論を深める。

1.再生可能エネルギーの普及
  再エネの普及状況と普及拡大に伴う課題

2.電力系統の調整力
  調整力と各種市場の創設動向

3.蓄電池活用
  蓄電池の調整力としての利活用の動向と、利活用にかかる課題

4.欧州の動向とデジタル技術
  再エネの普及状況と普及拡大に伴う課題に対する欧州の動向

5.質疑応答/名刺交換
Ⅱ. VPPビジネスの要件 ~蓄電池などの分散型エネルギーリソースを束ねるビジネスの展望~

株式会社三菱総合研究所 環境・エネルギー事業本部              
エネルギーシステム戦略グループ シニアプロジェクトマネジャー

三浦 大助(みうら だいすけ) 氏

【15:35~17:00】

蓄電池活用、VPP、卒FIT対応など、分散型エネルギーリソースを活用するビジネスの機運が高まっている。しかし、そのビジネスモデルや事業展望については不透明な部分も多い。本講演では、足元の制度動向やビジネス動向を整理しつつ、分散型エネルギーリソースを活用するビジネスの将来課題や事業展望を議論する。

1.分散型エネルギーリソース活用に関する制度動向

2.分散型エネルギーリソース活用に向けたビジネスの動向
  (卒FIT対応、VPPなど)

3.事業展望
  (1)事業展望に影響する制度課題、事業課題
  (2)分散型エネルギーリソース活用ビジネスの方向性

4.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

松浦 康雄(まつうら やすお) 氏
1992年3月京都大学大学院工学研究科電気工学専攻修士課程修了、1992年4月関西電力(株)入社。
主に、配電関係の技術開発や設備計画、及び電力線通信技術の実用化にかかる業務等に従事。
2018年7月より、送配電カンパニー企画部長。
三浦 大助(みうら だいすけ) 氏
2003年三菱総合研究所入社。電気事業制度や電力ビジネスに関する調査・コンサルティングに従事。2009年より大手総合商社に出向し省エネルギー分野の事業開発に従事。2012年より世界銀行エネルギー専門官としてベトナム向け電力プロジェクトの形成・遂行に従事。2014年より現職として分散型エネルギーリソースの活用に関する調査・分析・事業開発を担当。訳書:プロジェクトファイナンスの理論と実務 第2版(共訳)

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850