SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.S19033

eスポーツ最新動向とビジネスチャンス

~海外、国内の現況と今後の可能性~

開催日時 2019年 2月 6日(水) 午後2時~午後4時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
受講料 1名につき 33,100円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考 ●受講者全員に、『「野球」が「ベースボール」なった日』(2014年日の出出版)を進呈
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

一般社団法人日本eスポーツ連合 専務理事

平方 彰(ひらかた あきら) 氏

2018年2月国内唯一無二のeスポーツ団体「日本eスポーツ連合」が立ち上がりマスコミでも数多く取り上げられ認知度も高まった。しかしながらスポーツとしての理解度は海外と比べるとまだまだ低く、二年目を迎えるにあたり前年の実績・状況・市場分析から今後日本におけるeスポーツをどのように発展させていくか?そしてそこからどのようなビジネスチャンスの可能性が生まれるのか?をご提案させて頂きます。

1.eスポーツの概念
 -eスポーツとは
 -代表的なゲームジャンル
 -eスポーツの特徴
2.一般社団法人日本eスポーツ連合の紹介
3.eスポーツの動向
 -世界市場規模は急速に拡大
 -市場の内訳
 -観戦者急増
 -ステークスホルダー
4.eスポーツの海外の現状
 -海外の主な賞金大会
 -各国の動き(北米、欧州、アジア)
5.eスポーツの日本国内の現状
 -国内の主な賞金大会
 -国内の市場規模
 -日本市場が遅れた主な理由
6.eスポーツ連合の歩み
7.eスポーツの実例
8.今後の展望
 -国内の環境整備
 -法規制への対応
 -海外との連携
9.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

平方 彰(ひらかた あきら) 氏

1961年生まれ。群馬県渋川市出身。早稲田大学教育学部卒。大学在学中には体育会競走部に所属。1984年 株式会社電通入社。1989年 スポーツ文化事業局でスポーツの担当。1996年 野球担当。日米野球、MLB(メジャーリーグ・ベースボール)の日本開幕戦をはじめとした数々のビッグイベントにおいて、企画・営業の第一線で活躍。WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)では「SAMURAI JAPAN」のネーミングを考案し、さまざまなスタイルのビジネスを展開。2007年 大阪世界陸上招致の成功や現東京マラソンの基盤作り・開催。選手契約(石川遼、羽生結弦、村田諒太ほか)マーチャンダイジングなどを手掛け、電通スポーツ局の中心人物として業務する。2016年末、早期優遇制度により電通を退社。現在コンサルタント会社を立ち上げると共に日本eスポーツ連合の専務理事として従事する。
2002年 電通スポーツ局企画業務部部長。2013年 電通スポーツ局次長。2015年 局次長兼株式会社ジエブ取締役COO。2017年 一般社団法人日本eスポーツ連合の専務理事(現任)。2018年 スポーツビジネスコンサルタント会社経営(現任)。著書 「野球」が「べースボール」になった日(日之出出版)。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850