SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

エネルギー・環境戦略特別セミナー

No.S18428

(株)経営コンサルテクノセミナー

新エネルギー基本計画と再生可能エネルギー拡大利用

~あるべきエネルギー政策の姿とは~

開催日時 2018年12月19日(水) 午後1時45分~午後3時45分
会場 港区立商工会館 会議室
東京都港区海岸1-4-28
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考 ※経営コンサル主催につき、プレミアム会員様(招待券含)も通常の受講料が発生いたします。
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

エネルギー戦略研究所(株) 取締役研究所長

山家 公雄(やまか きみお) 氏

第5次エネルギ-基本計画が閣議決定された。パリ協定締結、再エネの爆発的普及等エネルギ-を巡る環境は大きく変わったが、2030年数値目標は不変で、内容も前回とほぼ同一である。2050年断面も「情勢懇談」しているだけで数字はない。世界動向からの遅れが非常に懸念され、骨格となるべき再エネに関する方針に確固たるものが感じられない。新基本計画を叩き台に、日本が目ざすべき真のエネルギ-政策について解説する。

1.日本のエネルギ-政策の在り方
  (1)エネルギ-基本政策の評価
  (2)エネルギ-政策の考え方 
  (3)日本の再エネを巡る状況:FITの効果と課題
  (4)鍵は市場運用と系統運用

2.第5次エネルギ-基本計画の論点
  (1)各エネルギ-源の記述とその評価
  (2)再エネ目標値とエネルギ-自給率
  (3)再エネ推進は最大の省エネ政策である
  (4)技術が市場を作るのか、市場が革新を生むのか
  (5)諸外国政策の解釈
  (6)プルトニウム削減でも基本方針は不変
  (7)総括:2050年整理は「補論」

3.第5次エネルギ-基本計画の解説

4.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

山家 公雄(やまか きみお) 氏

1980年 3月 東京大学経済学部卒業
1980年 4月 日本開発銀行入行
1999年10月 日本政策投資銀行環境エネルギー部課長(電力担当)
2000年 6月 ロスアンジェルス事務所 首席駐在員
2004年 6月 環境・エネルギー部 次長
2007年 4月 調査部 審議役
2009年 7月 (株)日本政策投資銀行参事役、
          エネルギー戦略研究所(株)取締役研究所長

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850