SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

医療・介護戦略特別セミナー

No.S18405

電子カルテ・医療情報システムの普及と、外部脅威の増大や法的・社会的な環境変化に対して

医療機関が取り組むべき情報セキュリティ対策

開催日時 2018年12月20日(木) 午後2時~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
受講料 1名につき 32,200円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

愛知医科大学医療情報部長・特任教授 
一般社団法人 メディカルITセキュリティフォーラム代表理事

深津 博(ふかつ ひろし) 氏

病院の電子カルテの普及率は80%を超え、日常的な診療ツールとしての位置づけは確立した。一方で多種の専門職や外部委託先職員が携わり、機微性の高い患者の個人情報を取り扱う医療機関における情報セキュリティ対策は、他の重要インフラ事業者と比較して遅れていると言わざるを得ない。
本講演では厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン5版」の遵守を念頭に、具体的にどのような対策を講じるべきかを、リスクベースアプローチの手法に基づく基本的な考え方を提示し、愛知医大において現在までに行ってきたリスク把握とリスク分析に基づいて、外部委託先管理、技術的な対策や規程類整備、教育・研修体制整備等について紹介する。
さらに医療におけるIoT機器の普及、地域医療連携や遠隔診療におけるセキュリティ対策についても概説する。
最後にEUのGDPR(一般データ保護規則)や中国のインターネット安全法の施行に関して日本の医療機関が考慮すべき影響についても概説する。

1.リスクベースアプローチの手法
2.外部委託先管理
3.技術的な対策
4.規程類整備
5.教育・研修体制整備
6.地域医療連携や遠隔診療におけるセキュリティ対策
7.EUのGDPR(一般データ保護規則)や中国のインターネット安全法対策
8.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

深津 博(ふかつ ひろし) 氏

愛知医科大学医療情報部特任教授、放射線科専門医、社会医学専門医・指導医
昭和60年名古屋大学医学部卒業
平成12年より名古屋大学医学部附属病院准教授
平成21年より現職
平成18年より日本医療コンシェルジュ研究所代表、医療コンシェルジュの育成(1000名以上)
医師事務作業補助者の基礎知識研修(2000名以上)を実施。
平成26年よりメディカルITセキュリティフォーラム代表理事

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850