SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス 海外調査受託サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

医療・介護戦略特別セミナー

No.S18401

在宅医療、2018年改定でどう変わった

-訪問診療料、点数算定の基礎を徹底解説-

開催日時 2018年10月27日(土) 午後1時~午後5時【大阪開催】
2018年11月10日(土) 午後1時~午後5時【東京開催】
大阪会場 TKP新大阪カンファレンスセンター
大阪府大阪市淀川区宮原4-1-4 KDX新大阪ビル
東京会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
受講料 1名につき 33,900円(税込)
備考 ※「2018‐2019年版在宅医療 診療報酬点数算定のガイド
 (看護の科学社刊)」を席上配布いたします。
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

医療法人社団 永高会蒲田クリニック 顧問

栗林 令子(くりばやし れいこ) 氏

在宅医療の点数は複雑です。それに加え2018年の改定で、訪問診療料では主治医からの依頼を受けた医療機関での訪問診療、さらに同一敷地内の有料老人ホーム等への訪問診療料が新設されるなど大幅改定となりました。
これまでも算定漏れ、老人ホームなど施設入所患者の点数算定の誤りなどが多数見られます。それに加え 患者が要介護認定を受けているケースや訪問看護ステーション、ケアマネージャーと連携した時の点数算定は どうするのかなどの疑問が多数あって困るとの声も上げられています。
ますます複雑になった在宅医療点数の算定漏れと悩みの解消を目指し、訪問診療料を含め、在宅医療の成り立ちから点数算定・請求までの基礎を詳しく解説します。また施設入所者の点数、医療保険と介護保険の給付調整なども分かりやすく説明いたします。

1.在宅医療点数の特徴と2018年改定事項

2.請求漏れ防止を目指す点数算定方法と留意点
  (1)点数算定の基本
  (2)留意事項

3.介護保険とのかかわり
  (1)医療と介護の給付調整
  (2)施設入所者の医療

4.レセプト請求事例からも算定要件を学ぶ

5.指導対策、書類整備等の留意点

6.質疑応答

講師プロフィール

栗林 令子(くりばやし れいこ) 氏

1952年生まれ 東京農業大学短期大学栄養学科卒
1975年~1976年 ニチイ学館 医療事務講座 非常勤講師
1976年 東京保険医協会事務局に入局、会員への保険請求事務等の情報の広報・講習会開催企画等を担当
在職中に全国保険医団体連合会社保小委員、全国保険医団体連合会病院有床診対策小委員、東京保険医協会事務局次長を歴任
2015年 東京保険医協会を定年退職
2016年 医社)永高会蒲田クリニック顧問
【主な著作】
公費負担医療制度の実際知識(医学通信社刊・共著 2000年以降、点数改定時に改訂版刊行)
在宅医療診療報酬Q&A(医学通信社刊・監修、2000年以降、点数改定時に改訂版刊行)
在宅医療 診療報酬点数算定のガイド(薬ゼミ情報教育センター 2009年以降)
月刊・保険診療(医学通信社刊) 保険診療オールラウンドQ&A(連載)、
「ここに異議あり」(2012年1月まで連載)、「保険診療ウォッチング」(連載)

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850