SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

医療・介護戦略特別セミナー

No.S18392

レセプト審査は、コンピュータで90%完結

コンピュータ審査時代に医療機関はどう対処すべきか

開催日時 2018年11月30日(金) 午後2時~午後5時
会場 紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F
受講料 1名につき 33,000円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

フリーライター

橋本 巌(はしもと いわお) 氏

レセプト審査は、今後劇的に変わります。これまでの審査は、審査委員の目が基本でコンピュータはその前捌きでした。今後はその方法を180度転換、コンピュータでの完結(90%)を基本としながら対応できない部分を職員(約10%)と審査委員(約1%)で処理することになります。果たして国民が保険で良い医療が 受けられるのか、医師の裁量権は尊重されるのか等懸念されます。このようなコンピュータ審査時代に医療機関はどのように対処すべきか、その対処策をお話します。

1.支払基金とはどういう組織か
 ・その誕生と果たしている役割
2.審査はどのように行われているのか
 ・現在の審査の流れと審査の重点
 ・具体的な審査事例
3.審査はどのように変わるのか
 ・「支払基金業務効率化・高度化計画」の内容と問題点
4.審査支払機関がめざす新たな事業
 ・「データヘルス推進計画」の内容と問題点
5.コンピュータ審査にどう対処するか
 ・再審査請求の重要性
6.その他
7.質疑応答

講師プロフィール

橋本 巌(はしもと いわお) 氏

元大阪府社会保険診療報酬支払基金職員、フリーライター
【著書】
「社会保険診療報酬支払基金で何がおこったのか」
「医療費の審査~知られざるその現実」
「保険審査Q&A」
「女性と中高年へのジョギング・マラソンのすすめ」
「木地師俳人 筒井寸風」他

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850