SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

医療・介護戦略特別セミナー

No.S18391

「事務総合職」育成プログラム

開催日時 2018年11月29日(木) 午後1時~午後5時【大阪開催】
2018年12月6日(木) 午後1時~午後5時【東京開催】
大阪会場 新大阪丸ビル別館
大阪市東淀川区東中島1-18-22
東京会場 TKP新橋カンファレンスセンター
東京都港区西新橋1-15-1 大手町建物田村町ビル
受講料 1名につき 32,900円(税込)
同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

Ⅰ. 事務職に求められるスキルと人材育成の変革

公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構
倉敷中央病院 経営企画部 部長

中島 雄一(なかしま ゆういち) 氏

【13:00~13:55】

事務系の中でも最も現場に近い医事は、現場コーディネーターとして請求スキルだけでなく、現場での調整力やコラボレーション力などが求められている。現場業務の質向上のための新人教育体制構築を実践した取組みを現場管理職の視点で紹介する。また、経営企画部の立上げから、JCI認定・質向上のコーディネート、業務管理(アドミニストレーター)的役割を模索し、取り組んでいる実例を紹介する。

1.自己紹介、原価企画というものの考え方(企業経験から)

2.森を見ないで、木の議論が得意な医事現場にマネジメント育成
  (1)質と効率を向上させるための新人教育体制
  (2)「現場を管理する」業務力育成

3.医療支援・経営管理部門・経営企画部の立上げ
  (1)経営企画部の立上げ、「事務部門」から「医療支援・経営管理部門」へ
  (2)課題意識を共有し、戦略策定する取り組み
  (3)QCDと4Mで経営管理
Ⅱ. 医療従事者をサポートする医療材料管理担当者になろう

医療法人東和会 第一東和会病院 事務長

行本 百合子(ゆきもと ゆりこ) 氏

【14:00~14:55】

2018年診療報酬が改定され、更に厳しい環境下で経営の舵取りが求められており、ますます支出管理(医療材料管理)が重要になってきます。担当を担う職員が医療従事者の業務を理解してサポートすることにより、適切な医療材料管理を実践して、病院経営管理に貢献していきたいと思います。また担当者も医療従事者と協同することによりモチベーションを高めていくことが重要です。

1.医療の質アップに協力する
2.材料比率は一定に保つ(在庫は適切な量に)
3.用度職員は元気に活き活きと
Ⅲ. 人事管理の実際と人材育成への取組み

一般財団法人竹田健康財団 法人事務局長代理 兼 経営企画部長

東瀬 多美夫(とうせ たみお) 氏

【15:05~16:00】

厳しい経営状況が続く中、病院は多様なヘルスケアのニーズに的確かつ総合的に対応し、様々なサービスを提供し続けることが求められている。従って、病院には職員一人ひとりの能力と意欲を高めることにより、組織の総合力を高め、効率的で効果的なヘルスケア・サービスを提供していくことが求められている。

1.能力開発の目的
2.人材育成から人材開発
3.プロジェクトによる仕事の進め方
4.プロジェクトにおける事務職の役割
Ⅳ. 経営マネジメントと事務系職員の役割

社会福祉法人恩賜財団 済生会熊本病院 医療支援部 事務次長

田﨑 年晃(たさき としあき) 氏

【16:05~17:00】

厳しい外部環境の中、各医療施設は医療機能の分化や組織変革に追われている。特に財務的改善は喫緊の課題であるため、バランスト・スコアカードでいう業務プロセスの視点や財務の視点を中心に改善計画が立てられ、多くの経営資源を投入しようとしているが、最も重要な改善は学習と成長の視点に置かれるべきと考える。

1.経営マネジメントの重要性
2.ビジョンと戦略・戦術
3.チーム力とは
4.リーダーとフォロワー
5.事務系職員の役割とその育成

講師プロフィール

中島 雄一(なかしま ゆういち) 氏
1985年 九州大学経済学部卒業
1985年 株式会社三菱自動車入社水島製作所総務部原価管理課配属、プロダクトコントロール部新商品プロジェクトプロジェクトマネージャー等を経て、2003年 財団法人倉敷中央病院に入職、同病院 医事診療サービスグループ保険総務課長、2004年 副部長兼外来診療サービス課長を経て、2006年 医事診療サービス部長、2012年 現職。
行本 百合子(ゆきもと ゆりこ) 氏
1973年 淀川キリスト教病院入職 薬剤部 購入担当。1991年 用度主任に異動して、薬品購入システムを医療材料管理にも運用した。1993年 医事課入院係 係長に異動、診療報酬の請求と医療材料との関係を明確にした。1997年 用度施設課 課長に異動、病院の建物・設備も含めた病院全体の管理をすることを目指した。2001年 クオリティ管理室 室長に異動、病院の質(経営の質)について取組む。2006年 総合病院日本バプテスト病院 事務局次長兼事務部長。2008年 医療法人東和会 第一東和会病院 事務次長。2010年 運営推進部長、2015年7月より事務長 現在に至る。2006年 日本医療マネジメント学会医療資材検討委員会委員。
著書等:「病院事務職員の仕事必携ハンドブック」、DPC時代に対応する「病院用度課」完全マニュアル、診療報酬マイナス改定時代の病院事務部門リーダー業務ハンドブック」
東瀬 多美夫(とうせ たみお) 氏
1986年 財団法人竹田綜合病院に就職、医事課に配属
1988年 総務課人事係
1994年 法人事務局企画室係長 厚生省国立医療病院管理研究所専攻科を修了
2001年 経営企画課長
2005年 総合開発部長
2015年1月 法人事務局長代理兼経営企画部長 現在に至る。
田﨑 年晃(たさき としあき) 氏
1997年 済生会熊本病院入職 医事課、診療機材購買室
2005年 診療支援グループ医事企画室長
2010年 経営企画部企画広報室長
       九州大学大学院医学系学府医療経営・管理学修了、MPH
2012年 経営企画部企画広報室長 兼 人事室長
2014年 経営企画部人事室長/2015年 医療連携部地域医療連携室長
2016年医療支援部事務次長

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850