SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

放送・メディア・著作権戦略特別セミナー

No.S18385

【テレビ最終戦争】

FAANGはテレビをどう変えるか?

~Facebook、Amazon、Apple、Netflix、Googleが狙う次世代メディアビジネス~

開催日時 2018年11月21日(水) 午後3時~午後5時
会場 ビジョンセンター永田町
東京都千代田区永田町1-11-28 合人社東京永田町ビル
受講料 1名につき 32,300円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

デジタルメディアウォッチャー

大原 通郎(おおはら みちろう) 氏

今年7月、朝日新書から「テレビ最終戦争」を出版しました。FAANG(Facebook、Amazon、Apple、Netflix、Google)がここ数年メディアビジネスを強化し、アメリカの既存メディアにいかに大きな打撃を与えているか、その実情をまとめたものです。執筆から半年が経過し、その間、FAANGも新たな展開を次々実施しています。
本講演では、その最新情報を加えながらFAANGと既存メディアの現状と今後を分析します。そして、FAANGは日本でも着々とビジネスを進め、日本の放送業界にも多大な影響を与えています。今後、日本勢はどう戦えば良いのかについても解説します。また、10月に米国で開催される関連イベントの取材分析も一部解説します。

1.アメリカの放送概況
~アメリカはケーブル・衛星放送大国からOTT全盛時代へ

2.FAANGのメディアビジネス
 (1)とりわけリーディングカンパニーとして先行するNetflix
 (2)日本で存在感を示す英パフォームのDAZN

3.既存メディアは深刻な打撃
 (1)アメリカのケーブルテレビ・衛星放送加入者激減
 (2)VerizonやAT&Tが始めたIPTVも減速
 (3)WaltDisneyやTimeWarner等、ハリウッド・メガメディアも大打撃
   専門チャンネルが軒並み経営不振

4.それでも元気な既存メディア
~Discovery、HBO、CNNは独自戦略で対抗

5.FAANGは映画祭、テレビ祭で存在感
 (1)ベネチア国際映画祭でNetflix作品が最高賞受賞のインパクト
 (2)テレビ界最高のエミー賞でもNetflixやAmazon作品が最高賞受賞し席巻
 (3)独自の映像エコシステムを世界中に拡散中

6.日本へのインパクト
~放送開始65年、最大の危機。対抗策は何か?

7.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

大原 通郎(おおはら みちろう) 氏

1954年生まれ。デジタルメディアウォッチャー。早稲田大学卒業後、NHK入社。BS放送の発足に参画した後、TBSに移籍。ニューヨーク特派員など海外ニュース記者を務める。その後、CSデジタル放送の立ち上げなどに携わる。14年 TBS退職。以後、海外のメディア動向の調査・執筆を続けている。メディア関連審議会の委員等歴任。著書「テレビ最終戦争」(2018年 朝日新書)

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850