SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス 海外調査受託サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

モバイル戦略特別セミナー

No.S18377

【ハシラス/NTTドコモ/ソフトバンク】

VRの最前線2020

~施設型VRの未来予想/5G×8Kライブ配信/世界の活用動向~

開催日時 2018年10月29日(月) 午後1時~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
受講料 1名につき 33,600円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

Ⅰ. 施設型VRのトレンドとこれから

(株)ハシラス 代表取締役社長/(一社)ロケーションベースVR協会 代表理事

安藤 晃弘(あんどう あきひろ) 氏

【13:00~14:10】

VRは非常に身近な存在となってきましたが、まだ一家に一台というほどには普及していません。多くの方がハイクオリティなVRを体験できる最初の体験は施設型VRとなっており、ここがコンシューマへの普及を後押ししている最前線になっています。
施設型VRの黎明期から多様なコンテンツを生み出してきたハシラスが、過去、現在のトレンドを振り返り、そこから想像されるごく直近の施設型VRの変化を未来予想します。

1.施設型VRの発展
2.VR技術のトレンド変遷
3.まもなく来る施設型VRの予想
4.施設型VRからコンシューマVRへの導線
5.質疑応答/名刺交換
Ⅱ. 5G時代に向けたVR技術開発の取り組み

(株)NTTドコモ 移動機開発部 第二イノベーション推進担当 担当課長 

的場 直人(まとば なおと) 氏

【14:25~15:35】

ドコモは第5世代移動通信により、高速低遅延の無線インフラが出現する2020年に合わせてより高品質なVRサービスの実現を目指した技術開発を進めている。特に全天周映像の視聴では解像度不足が問題となる点に注目し、全天周8K映像のライブ配信の実現に向けた開発を進めている。他にも5Gならではの新しいコミュニケーション体験を、VR技術を用いて提供する為の様々な技術開発を行っている。

1.5G時代のVRへの期待
2.これまでの技術開発・実施例
3.8KVRライブ配信・視聴システムの開発
4.アバターによる双方向コミュニケーション
5.質疑応答/名刺交換
Ⅲ. VRビジネスの課題と可能性

ソフトバンク(株) 新規事業開発室 新事業推進部 VR事業推進課 課長

加藤 欽一(かとう よしかず) 氏

【15:50~17:00】

2016年「VR元年」と多くの企業が取り組みを始めたものの、ゲームやアダルト以外での成功事例に乏しく、本当にビジネスになるのか?という声が多く聞かれます。一方、業務活用の文脈では、企業の研修やシミュレーションなど活用事例が一気に増加し、一つの定番になりつつあります。
本講演では、成功事例は?課題は?ビジネスになるか?への回答を、市場動向や世界の活用事例から予測し、それに対するソフトバンクの取り組みを紹介し、VRの実用が期待される領域やその可能性についてご紹介させていただきます。

1.VR関連の最新動向
2.世界・国内の活用事例
3.ソフトバンクの取り組み
4.VRの課題と期待されること
5.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

安藤 晃弘(あんどう あきひろ) 氏
元プロマジシャンという、異色の経歴を持つVRコンテンツプロデューサー。特に錯覚を利用した体感設計を得意にし、これまでに40種類程のVRアトラクションをプロデュースしている。代表作として、イオンレイクタウンの乗馬レースHashilus Race、サンシャイン60展望台のTOKYO弾丸フライト、VR PARK TOKYOのソロモン・カーペット、VREXのバーチャルライフなど。近年は、ロケーションベースVR協会を立ち上げ、施設型VR事業者の連携を促進し、ロケーションベースVR業界を躍進させるべく尽力している。
的場 直人(まとば なおと) 氏
1994年 NTT入社。無線システムの研究開発や第4世代移動通信の国際標準化活動に従事。その後、2009年より端末ソフトウエアの導入、海外のオペレータやベンダと協力した新モバイルOSの立ち上げ、普及促進活動に従事。2015年よりVRの事業化、VR関連技術開発に取り組んでいる。Ph.D.(情報学)。
加藤 欽一(かとう よしかず) 氏
携帯エリア対策に20年従事し、新たに新規事業開発を担当。VR事業を立ち上げ、事業責任者を務める。地下鉄エリア化でモバイルPJアワード受賞、プラチナバンド移行PJでSBアワード受賞。SBアカデミア(後継者選抜プログラム)1期生、2015年度最上位成績者。社内講師として、プレゼン、リーダーシップ、キャリア研修を担当。日本初のXR特化インキュベーションプログラム「Tokyo XR Startups」メンター。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850