テレビを取巻く諸課題解決への道 セミナー

SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

放送・メディア・著作権戦略特別セミナー

No.S18321

テレビを取巻く諸課題解決への道

~新4K8K直前、NetflixとKDDI、J:COMの接近、アドフラウド対策~

開催日時 2018年 9月11日(火) 午後2時~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
受講料 1名につき 33,100円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考 8月21日「5G×TVの成功条件」と一括申し込みの場合、ご優待価格にて受付
いたしております。
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

株式会社オフィスN 代表取締役

西 正(にし ただし) 氏

2018年のエポックと言うと、12月から始まる新4K8K放送の開始であり、それに向けた最終準備に入ってくるのはもちろんだが、それ以外にも随所で多くの論点があり、議論の途上にあるものについては、ある程度の方向性を決めてしまうべく、解決を図る時期に来ている。
新4K8K放送のSTBは年末までに間に合うのか。一方、フレッツテレビではSTBを必要としない。両者を単純に比べることは意味が無いが、両者の実状を知っておくことは必要である。また、地域BWAの動向についても知っておく必要があり、これらはケーブルテレビ業界にとっては大きな問題である。
また、KDDIとJ:COMがNetflixとの全く異なる連携を行なっているが、特にJ:COMの方は結果によっては多チャンネル・サプライヤーに大きな影響を与えることになるだけに注目である。
NHKの8Kは、欧州で放送されることはないが、それにも関わらず高い評価を得ているだけに、その理由を理解するのと同時に、それが8K放送の中身の充実に大きく影響してくると思われる。
随分と前から注視されてきたアドフラウド(広告詐欺)であるが、radikoで先行して対策が出される。テレビにも応用が可能だと、広告スポンサーにも大きなメリットが出てくる。
本セミナーでは、2018年に於ける課題は2018年中に解決の目途を立てるべきことを訴えると同時に、個々の問題の本質を指摘していくこととしたい。

1.新4K8Kの再放送事業者の動向
~STBは足りるか、光回線テレビは
2.地域BWAの方向性
3.KDDIとJ:COM、Netflixとの付き合い方の違い
4.NHKの8K、欧州での評価とは
5.広告詐欺「アドフラウド」とは
~radikoの先行対策とテレビへの影響
6.質疑応答/名刺交換

※より新たな情報が入手された場合は、今回のテーマと関連するものに限らず、積極的に追加予定
※受講者全員に講師著書「4K、8K、スマートテレビのゆくえ」(中央経済社刊)を進呈

講師プロフィール

西 正(にし ただし) 氏

1982年 東京大学法学部卒業。同年 三井銀行(現三井住友銀行)入行。1994年 さくら総合研究所メディア調査室長。2001年 日本総研メディア研究センター所長。2003年 現職。
著書『4K、8K、スマートテレビのゆくえ』、『地デジ化の真実』、『競合か協調か -メディア企業選択の時』、『IPTV革命 -放送・ネット・モバイルのビジネスモデルが変わる』、 『新メディア進化論 -インターネットに押されるテレビ』、『メディアの黙示録』など多数

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850