SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.S18301

「CASE革命」と自動車産業の見通し2030

~主要完成車メーカーの戦略と長期的に勝ち抜く競争力~

開催日時 2018年10月17日(水) 午後1時~午後3時30分
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
受講料 1名につき 33,700円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

株式会社ナカニシ自動車産業リサーチ 代表 兼 アナリスト

中西 孝樹(なかにし たかき) 氏

CASE革命とは、コネクティッド、自動運転、シェアリング&サービス、電動化の4つの重大なトレンドが複合的に継ぎ目なくパッケージされた時、クルマの価値に起こる革命的な変化である。この重大トレンドの本質を読み解きつつ、浮かびあがる国家間競争の構造に焦点を当て、日本の危機的な状況を理解したい。そのなかで主要完成車メーカーの戦略を解説し、2030年を勝ち抜く新たな競争力とは何かを論考し、国内産業が必要なソリューションを検証する。

1.変化へのスピードを加速化させる背景を理解
2.「CASE革命」と自動車産業からモビリティ産業への進化
3.「CASE革命」によるバリューチェーンへの影響
4.コネクティッドとクルマの価値の変化
5.自動運転技術とMaaSの拡大
6.世界環境規制の現状と内燃機関規制への動き
7.パワートレインミックスの長期的展望と、各社の電動化戦略の読み解き
8.「CASE革命」に必要な競争力とものづくり革新
9.米国通商問題の解説と影響の分析
10.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

中西 孝樹(なかにし たかき) 氏

1962年生まれ。1986年オレゴン大学卒。山一證券、メリルリンチ証券等を経由し、2006年からJPモルガン証券東京支店株式調査部長、2009年からアライアンス・バーンスタインのグロース株式調査部長に就任。2011年にアジアパシフィックの自動車調査統括責任者として、メリルリンチ日本証券に復帰。2013年に独立し(株)ナカニシ自動車産業リサーチを設立し代表に就任。日経金融新聞・日経ヴェリタス人気アナリストランキング自動車・自動車部品部門、米国Institutional Investor自動車部門ともに2004年~2009年まで6年連続第1位と不動の地位を保った。「トヨタ対VW(フォルクスワーゲン)2020年の覇者をめざす最強企業」「オサムイズム"小さな巨人"スズキの経営」(いずれも日経新聞出版社)など著書多数。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850