SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.S18236

<スポーツ×ICT>巨大ポテンシャルと新規事業展開

~遅れている日本のスポーツICT産業は可能性大~

開催日時 2018年 7月13日(金) 午後3時~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
受講料 1名につき 32,700円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

株式会社スポーツマーケティングラボラトリー 執行役員

石井 宏司(いしい こうじ) 氏

製造業が衰えた欧米においては、新たな輸出産業としてのスポーツ・エンタテインメント産業に注目が集まり、この10年グローバル市場で飛躍的な発展を遂げてきた。特に近年、この産業はICT産業との融合で、さらにその成長の加速力を増している。この融合による新規市場の成長は、日本にも可能性が充分ありながら、その潜在力は充分に活かしきれているとはいえない。2020年を迎える今、スポーツ×ICTが共に成長するためには何が必要なのか?
本講演では、スポーツ市場に今後参入を検討する企業に対し、新規市場の可能性や、参入する場合のポイントについて紹介していく。また、具体的な参入方法についてもいくつか紹介したい。

1.欧米スポーツ産業の市場創出パワー
2.欧米の成功の鍵1:コンソーシアム型市場創出
3.欧米の成功の鍵2:都市再開発との融合
4.欧米の成功の鍵3:Human Centered Designアプローチ
5.デジタル化が遅れている日本のスポーツ産業は可能性大
6.今後スポーツにおいてデジタル化が進む領域
7.スポーツ産業への参入の仕方:間違い例
8.スポーツ産業への参入の際の戦略の立て方
9.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

石井 宏司(いしい こうじ) 氏

東京大学教育学部卒業、東京大学大学院卒業(教育学修士)。1997年に(株)リクルートに入社。新規事業、他社との事業アライアンス交渉、地方創生コンサルティング、メディアによる地域活性ビジネス、人事コンサルティング、企業再生コンサルティングなどに従事。2009年に(株)野村総合研究所に経営コンサルタントとして入社。経営改革、新規事業、企業再生などのテーマでコンサルティングを行う。2014年頃よりスポーツを中核とした都市再生や新成長産業としてのスポーツ産業の成長支援に携わるようになる。スポーツ庁未来開拓会議提言、スポーツ庁大学スポーツ改革検討会議委員、スポーツ庁技術審査員、沖縄スポーツ産業クラスター形成実行委員、大阪経済大学客員講師(スポーツ情報学)、関西財界セミナー2016スポーツ分科会問題提起者、Sports Analytics Japan2016,2017実行委員、日本女子プロ野球機構事業理事などを歴任。日経BP未来研究所「スポーツビジネスの未来2018-2028」執筆。現在に至る

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850