SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

放送・メディア・著作権戦略特別セミナー

No.S18232

【寝耳に水とならないための準備と戦略】

水面下で進む民放ネット同時配信

開催日時 2018年 7月10日(火) 午後2時~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
受講料 1名につき 32,300円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考 8月1日「放送業界の曲がり角」と一括申し込みの場合、ご優待価格にて受
付いたしております。
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

株式会社オフィスN 代表取締役

西 正(にし ただし) 氏

NHKは放送のネット同時配信を実施すべく着々と準備を進めているが、民放連としては強く反対している。在京局がネット同時配信を開始することになれば、地方局の経営に悪影響が及びかねないからである。
しかし、これだけ放送とネットを連携させたサービスが拡大していく中で、NHKがネット同時配信を行なうのを見ながら、民放は何もしなくて良いのかという意識も持たれていることは事実である。
本当にニーズが無いのか、本当に収益が得られないのか、本当に地方局の経営に悪影響を及ぼすのか、それは何もしないで分かることなのかという意識であり、あまりにコンサバティブな姿勢を取っていて良いのかということは確かである。コンサバティブだと思われている限り、いつまた放送改革を唱えるところが出てきてもおかしくはない。
本講演では、各局がどういった考え方を持って、水面下で進めているのかを明らかにすることによって、改めて、それを実行することの影響について述べることとしたい。寝耳に水では澄まされない時代に来ている。

1.NHKの同時配信についてどう見るか
2.ネット同時配信には本当にニーズは無いのか
3.スポンサーはワンセグの時と同じスタンスを採るか
4.サービス過多の動画配信との兼ね合いはどうか
5.地方局はどうすれば良いのか
6.質疑応答/名刺交換

※より新たな情報が入手された場合は、今回のテーマと関連するものに限らず、積極的に追加予定
※受講者全員に講師著書「4K、8K、スマートテレビのゆくえ」(中央経済社刊)を進呈

講師プロフィール

西 正(にし ただし) 氏

1982年 東京大学法学部卒業。同年 三井銀行(現三井住友銀行)入行。1994年 さくら総合研究所メディア調査室長。2001年 日本総研メディア研究センター所長。2003年 現職。
著書『4K、8K、スマートテレビのゆくえ』、『地デジ化の真実』、『競合か協調か -メディア企業選択の時』、『IPTV革命 -放送・ネット・モバイルのビジネスモデルが変わる』、 『新メディア進化論 -インターネットに押されるテレビ』、『メディアの黙示録』など多数

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850