SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

原財団特別セミナー

No.S18201

【内閣府/中国電力/MHPS/IHI/トヨタエナジー】

水素発電、アンモニア利用の可能性と事業動向

開催日時 2018年 7月 5日(木) 午後1時~午後5時30分
会場 紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F
受講料 1名につき 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

Ⅰ. アンモニア-水素社会への架け橋

内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)
「エネルギーキャリア」 サブプログラム・ディレクター
住友化学(株) 主幹

塩沢 文朗(しおざわ ぶんろう) 氏

【13:00~13:50】

我が国の環境・エネルギー制約の克服手段としての水素エネルギー導入の重要性と、優先的に導入を図るべき分野、そのための課題等について整理したうえで、SIP「エネルギーキャリア」の成果によって明らかになってきた水素エネルギーキャリアとしてのアンモニアの可能性について説明する。

1.日本が直面しているエネルギー環境制約と水素エネルギーに期待される役割
2.SIP「エネルギーキャリア」
3.これまでに得られたSIP「エネルギーキャリア」の成果
4.アンモニアの直接利用-発電用、工業炉用燃料としての可能性-
5.アンモニアの経済性
6.CO2フリーアンモニア・バリューチェーンの構築
7.低炭素社会に向けたアンモニアの役割
8.質疑応答/名刺交換
Ⅱ. アンモニアの発電利用に関する事業性評価について~水島発電所でのアンモニア混焼試験~

中国電力(株) エネルギア総合研究所 総合エネルギー技術グループ 
マネージャー(主席研究員)

谷川 博昭(たにがわ ひろあき) 氏

【14:00~14:45】

水素は燃焼しても二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギーである。水素を輸送貯蔵するための主な手段の一つである「アンモニア」は水素の輸送性と貯蔵性に優れ、また水素に再変換することなく直接燃焼することで、変換ロスなく効率的にエネルギー利用ができる利点がある。そこで、当社は火力発電所におけるアンモニアの発電利用に関する事業性評価に資するデータを取得することを目的として、水島発電所2号機において、アンモニア混焼試験を実施したのでその報告をする。

1.研究概要・目的
2.試験概要
3.試験準備(体制、スケジュール、届出関係他)
4.試験結果
5.今後の課題
6.質疑応答/名刺交換
Ⅲ. 発電用大型ガスタービンにおける水素エネルギー利用の取組みと展望

三菱日立パワーシステムズ(株) ターボマシナリー本部 ガスタービン技術総括部
大型ガスタービン技術部 技監・主幹技師

谷村 聡(たにむら さとし) 氏

【14:55~15:40】

ガスタービン複合発電(GTCC)はクリーンかつ高効率であり、経済的および社会的観点から今後もその需要は増加する。低炭素社会の実現には、水素ガスタービンの開発が重要であり、現在、天然ガスと水素の混焼方式と水素専焼方式について開発が進められている。また、アンモニアは水素のエネルギーキャリアの1つであり、GTCCでのアンモニア利用も研究されている。
本講演では、発電用大型ガスタービンにおける水素エネルギー利用の取組み、および、それを取り巻く状況に関して解説する。

1.発電とガスタービン
2.ガスタービンにおける水素利用
3.水素社会に向けて
4.質疑応答/名刺交換
Ⅳ. 中型ガスタービン、微粉炭焚ボイラ、燃料電池におけるアンモニア利用技術の開発状況

(株)IHI 資源・エネルギー・環境事業領域 事業開発部
技術部統括グループ 主幹

須田 俊之(すだ としゆき) 氏

【15:50~16:35】

ガスタービンや微粉炭焚ボイラなど火力発電においてアンモニアを利用する場合,燃焼の安定性やNOxの抑制が課題となる。当社では,2MW級ガスタービン及び投入熱量10MWの石炭燃焼試験装置でのアンモニア混焼試験を実施し,熱量で20%のアンモニアを混焼させることに成功した。また,アンモニアのみを燃料とした1kW級固体酸化物形燃料電池での発電試験にも成功している。これら研究開発の進捗について紹介する。

1.研究開発の目的
2.アンモニアを燃料として利用する場合の課題
3.各利用技術における研究開発の状況
4.今後の課題
5.質疑応答/名刺交換
Ⅴ. アンモニア小型タービンへの取り組みと今後の展望

(株)トヨタエナジーソリューションズ 代表取締役社長

等 哲郎(ひとし てつろう) 氏

【16:45~17:30】

現在、水素社会の実現に向けて国をあげて様々な取り組みが行われているがCO2フリー水素普及の一環として、エネルギーキャリアとしてのアンモニアの直接利用技術も注目されてきている。
トヨタグループのエネルギーソリューション会社である当社は、従来から製造している小型ガスタービンの新しい可能性を模索し、アンモニア専焼による発電技術の確立に向けて開発に取り組んでいる。その開発状況と課題について紹介する。

1.トヨタエナジー会社概要
2.SIP「エネルギーキャリア」における活動
3.アンモニア小型タービンの開発状況
4.事業化に向けた課題
5.今後の取り組み
6.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

塩沢 文朗(しおざわ ぶんろう) 氏
1975年 横浜国立大学工学部化学工学科卒業。1977年 横浜国立大学大学院工学研究科化学工学専攻 修了(工学修士)。1984年 Stanford大学大学院コミュニケーション学科修了(M.A.)。1977年 通商産業省入省。1993~96年 化学兵器禁止機構(OPCW) 準備委員会 暫定技術事務局出向(オランダ、ハーグ)。1996~99年 基礎産業局 化学品安全課長(→化学物質管理課長(機構改革による))。1999~01年 通商政策局 経済協力部 技術協力課長。2001~03年 大臣官房 参事官(技術担当)。2003~04年 経済産業省 大臣官房審議官(産業技術担当)。2004~06年 内閣府 大臣官房審議官(科学技術政策担当)。2006年 退官。2006~08年 (財)日本規格協会 理事。2008年 住友化学(株)入社、主幹 (現在に至る)。2014年7月~ 内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP) 「エネルギーキャリア」サブプログラム・ディレクター。
谷川 博昭(たにがわ ひろあき) 氏
2008年2月 中国電力(株) 電源事業本部大崎発電所発電課長。2012年2月 中国電力(株) 電源事業本部水島発電所副所長。2015年2月 中国電力(株) エネルギア総合研究所マネージャー。
谷村 聡(たにむら さとし) 氏
1986年 三菱重工業(株)入社。2014年 三菱日立パワーシステムズ(株)に社名変更。現在に至る。入社以来、大型ガスタービン燃焼器の開発:1300℃級ガスタービン燃焼器はじめ、1400℃級、1500℃級、1600℃級の高火炎温度燃焼器の低NOx化技術開発を担う。基礎設計から、現地での燃焼調整までガスタービン燃焼器開発に係わる全分野を総責任者として取り纏める。近年はガスタービンにおける水素やアンモニアの利用技術の開発にも携わる。
須田 俊之(すだ としゆき) 氏
1995年 石川島播磨重工業(株)入社。2013~2016年 内閣府規制改革推進室出向。2016年 (株)IHI基盤技術研究所熱・流体研究部部長。2018年 (株)IHI 資源・エネルギー・環境事業領域事業開発部主幹。入社以来、主に石炭の燃焼・ガス化技術の研究開発に係わり、低NOxバーナー、酸素燃焼技術、流動層ガス化技術等の研究開発を実施。
等 哲郎(ひとし てつろう) 氏
1981年4月 トヨタ自動車工業(株)入社。2000年1月 トヨタ自動車(株) 第2調達部 物流室 室長。2006年1月 ニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング(副社長)。2010年1月 フタバ産業(株)(常務取締役)。2011年6月 トヨタ自動車(株) 事業開発部 主査。2013年1月 トヨタ自動車(株) 新事業企画部 企画室 室長。2013年6月 (株)トヨタタービンアンドシステム(現(株)トヨタエナジーソリューションズ)代表取締役社長。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850