SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

医療・介護戦略特別セミナー

No.S18180

ヘルスケア分野のビッグデータ活用の最前線と法律問題

~データヘルス改革とプラットフォームの構築・利用上の課題~

開催日時 2018年 6月14日(木) 午後1時~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

ヘルスケア分野のビッグデータ活用の最前線と法律問題

社会保険診療報酬支払基金 理事長特任補佐

吉井 弘和(よしい ひろかず) 氏

西村あさひ法律事務所 弁護士・ニューヨーク州弁護士

福岡 真之介(ふくおか しんのすけ) 氏

【13:00~17:00】

2017年7月4日に厚生労働省・社会保険診療報酬支払基金・国民健康保険中央会が三者連名で「国民の健康確保のためのビッグデータ活用推進に関するデータヘルス改革推進計画」を発表した。ビッグデータの活用は企業経営における戦略的重要性が格段と高まっており、その成否は企業経営全体を左右しうる。一方で、日本のヘルスケアセクターにおいては、医療費・介護費の請求データや特定健診データを始めとして、ヘルスケアに関わるビッグデータが集積しつつあるものの、それを有機的に連結して活用する上では課題が多いとされてきた。
本セミナーでは、プライベートセクターの皆様の参考となるよう、海外における先進事例をご紹介した上で、国内におけるポテンシャルの広がりと最新の検討状況、ならびに今後の課題を解説する。その上で、こうした内容が持つ、ビジネスに対する意味合いとビジネスを進めていくうえで考慮しなければならない法律上の問題点を検討する。

1.世界におけるヘルスケア・ビッグデータ活用の最前線
 (1)ヘルスケア・ビッグデータ活用のモデル
 (2)ヘルスケア・ビッグデータ活用の個別事例:ドイツ、スウェーデン、アメリカ
2.日本の文脈におけるヘルスケア・ビッグデータ活用の展望
 (1)ヘルスケア・ビッグデータ活用のポテンシャルの広がり
 (2)ヘルスケア・ビッグデータ活用における公的セクターの役割
3.データヘルス改革推進計画・工程表と最新の検討状況
 (1)社会保険診療報酬支払基金の概要
 (2)データヘルス改革の全体像
 (3)保健医療ビッグデータプラットフォーム
 (4)個人の健康管理に資する情報の一元的な管理
 (5)保険者のデータヘルス支援
 (6)オンライン資格確認
4.今後の検討課題と産業界への意味合い
 (1)新たなデータプラットフォームで解決するべき既存データの課題
 (2)新たなデータプラットフォームを構築する上での課題
 (3)産業界への意味合い
5.ビッグデータにおける健康情報の取扱いの法律と実務
 (1)ビッグデータ一般の法律問題
 (2)個人情報と匿名加工情報についての法律問題
 (3)匿名加工医療情報(次世代医療基盤整備法)の法律問題
6.データ提供・データプラットフォームに関する法律問題
 (1)データ提供に関する法律問題
 (2)データプラットフォームに関する法律問題
7.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

吉井 弘和(よしい ひろかず) 氏
2004年 東京大学理学部卒業。2004年から2017年までマッキンゼー・アンド・カンパニー勤務。2011年 コロンビア大学国際・公共政策学院(SIPA)およびロンドン大学政治経済学院(LSE)より公共経営学修士を取得。2011年から1年間、英国保守党勤務。2017年 厚生労働省データヘルス改革推進本部参与。2017年~現在 社会保険診療報酬支払基金にて理事長特任補佐として勤務。
福岡 真之介(ふくおか しんのすけ) 氏
1996年 東京大学法学部卒業。1997年 司法修習修了(50期)。2001年~現在 西村あさひ法律事務所勤務。2006年 デューク大学ロースクール卒業(LL.M.)。2006年~2007年 シュルティ・ロス・アンド・ゼイベル法律事務所勤務(出向)。2007年~2008年 ブレーク・ドーソン法律事務所勤務(出向)。2014年~2015年 大阪大学大学院高等司法研究科招へい教授。
著書は、『AIの法律と実務』(2018年3月)、『IoT・AIの法律と戦略』(2017年4月)、『知的財産法概説<第5版>』(2013年7月)、執筆した論文は『Licences and Insolvency:A Practical Global Guide to the Effects of Insolvency on IP Licence Agreements(Japan Chapter)』(2014年10月)、『知的財産の管理における留意点』(2014年10月)など多数。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850