SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

放送・メディア・著作権戦略特別セミナー

No.S18171

【報道、ドキュメンタリー、バラエティー、ドラマ等】

テレビ放送・二次利用における関連法規とクレーム対応の実務・実践

~対事業者、視聴者、BPOへの具体策~

開催日時 2018年 5月25日(金) 午後2時~午後4時
会場 紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

テレビ放送・二次利用における関連法規と クレーム対応の実務・実践

レイ法律事務所 統括パートナー弁護士

河西 邦剛(かさい くにたか) 氏

レイ法律事務所 弁護士

舟橋 和宏(ふなばし かずひろ) 氏

レイ法律事務所 弁護士

菅原 隼人(すがはら はやと) 氏

【14:00~16:00】

「仮名処理が不十分だった(ドキュメンタリー番組・報道番組)」「モザイク加工が不十分で特定された(ドキュメンタリー番組・報道番組)」「勝手に自分のツイートが放送で使用された(報道番組)」「番組のマネをした子供が大けがをした(バラエティー番組)」等々、テレビ放送番組については視聴者から様々なクレームが届くことがあります。クレームの中には「BPOに申し立てる」「訴訟提起する」等、放送事業者(テレビ局)や制作会社として、対応に苦慮するものも少なくありません。
本セミナーでは、視聴者からのクレームに関し、適法・違法の線引きについての知識をお伝えするだけでなく、「こう来たら、こう答える」というように、過去の実績に基づいたクレームに対する電話対応等、実際のクレームに対する具体的対応方法をご紹介します。
さらに、昨今特に注目度の高い、映像コンテンツの二次利用について、許諾を得るべき相手や、許諾を得るべき時期について解説します。

1.テレビ番組制作と関連法規
テレビ番組制作においては著作権法を始め様々な法律が関連します。テレビ番組制作における関連法規についての知識をお伝えします。

2.クレーム対応事例の実務
報道番組、ドキュメンタリー番組、バラエティー番組、テレビドラマ等の番組制作のカテゴリーに対応したクレームの類型とクレームの対応方法を具体的にご紹介します。

3.映像コンテンツの二次利用
法的な権利処理が難しい、映像コンテンツの二次利用。ドラマを再放送する、DVD化する、ネット配信する場合において、「いつ」「誰から」「どのような」許可を得なければならないのか、具体的にご案内します。
例:「チェイス」、「パブリックビューイング」、「JOC」等の事例から

4.質疑応答/名刺交換


講師プロフィール

河西 邦剛(かさい くにたか) 氏
レイ法律事務所統括パートナー弁護士。映像制作における法律問題を取り扱う。音楽著作権に関する訴訟等の法的手続きに多数の実績。芸能人の権利を守るエンターテイナーライツ協会の共同代表理事。第3回~第5回ライブエンターテイメントEXPOに出展。2011年 早稲田大学人間科学部情報科学科卒業
舟橋 和宏(ふなばし かずひろ) 氏
レイ法律事務所弁護士。河西弁護士と共に商標等知的財産に関する法律問題を取り扱う。2010年 明治大学法学部法律学科卒業。 2014年 弁護士登録
菅原 隼人(すがはら はやと) 氏
レイ法律事務所弁護士であり、エンターテインメントに関する法律分野を中心に取り扱っている。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850