SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

エネルギー・環境戦略特別セミナー

No.S18170

蓄電池システム最前線

~東京電力のシステム利活用と各市場が要求する課題~

開催日時 2018年 5月22日(火) 午後2時~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

Ⅰ. 東京電力における蓄電池システムの利用と国際動向

東京電力ホールディングス(株) 経営技術戦略研究所 
リソースアグリゲーション推進室 プロジェクト推進グループ
(EV・蓄電池担当) 主管研究員

田代 洋一郎(たしろ よういちろう) 氏

【14:00~15:25】

太陽光発電や風力発電といった再生可能エネルギーの普及拡大に伴い、蓄電池の活用シーンも増えている。大型の蓄電池システムの利用においては、東京電力は20年近い歴史を持っており、今後も更なる活用を見込んでいる。ここでは、蓄電池活用の実例と将来展望を紹介すると共に、蓄電池システムの課題および国際規格化の動向を解説する。

1.東京電力における蓄電池システムの活用
 (1)NAS電池を活用したBehind the meterビジネス
 (2)リチウムイオン電池を活用した離島マイクログリッド実証ほか

2.蓄電池の価格と市場動向

3.蓄電池システム普及の課題
 (1)システム寿命 
 (2)安全性の確保

4.国際標準化の動向
 (1)IECにおける蓄電池規格の現状
 (2)IECにおける電力貯蔵システムの規格化動向

5.東京電力における今後の展望

6.質疑応答/名刺交換
Ⅱ. 市場要求に応えるための蓄電池ビジネスの動向

三菱UFJキャピタル(株)  投資第一部部長 兼 戦略調査室長

湯木 将生(ゆき まさお) 氏

【15:35~17:00】

未曾有の天災や規制対応への不正が引き金となり、エネルギー業界では再生可能エネルギーへの大転換、自動車業界では電動自動車化へと大きく舵を切ることになった。このような状況下で、蓄電池システムが普及のボトルネックとなる可能性が高く、蓄電池の特性を十分に理解した上で、検討していくことが必要である。そこで、再生可能エネルギーや電動自動車等で求められる蓄電池の性能並びに市場動向等について概観する。

1.再生可能エネルギーの流れ
 (1)再生可能エネルギーに係る施策
 (2)再生可能エネルギー導入に係る課題

2.自動車業界の流れ
 (1)国内外の自動車に係る対応動向
 (2)自動車業界の対応状況

3.蓄電池システムの各市場で求められる事項
 (1)エネルギー業界で求められる電池性能と課題
 (2)自動車業界・その他業界で求められる電池性能と課題

4.蓄電池システムの市場動向
 (1)現状の市場動向
 (2)従来の蓄電池システムの課題
 (3)課題解決に向けた新たな電池システムの開発動向

5.質疑応答/名刺交換

※目次等は変更になる可能性があります

講師プロフィール

田代 洋一郎(たしろ よういちろう) 氏
1993年東京電力株式会社入社。変電所の保守・運転・工事の担当を経て2000年から技術開発研究所に勤務。光ファイバー型電流センサーの開発、インバータシステムの開発、蓄電池評価手法の開発等を歴任。現在、東京電力ホールディングス経営技術戦略研究所において、蓄電池および電気自動車の活用戦略策定、利用技術開発および電力貯蔵システムの国際規格化業務を担務。
IEC62933-5-2 Project Team Leader.
湯木 将生(ゆき まさお) 氏
東京大学大学院農学系研究科修了。株式会社三菱総合研究所にて地球温暖化対策や新エネルギー全般に関するエネルギーシステム、リサイクル分野におけるプロジェクトに多数従事。1998年、電源開発株式会社と株式会社三菱総合研究所が起こした企業にて環境事業を中心に事業化支援、技術評価や事業採算評価等に多数実施。2005年5月より株式会社NTTデータ経営研究所において、容器包装リサイクルのLCAや財団法人の支援、バイオマス関連メーカの支援等を実施。2008年1月より現職。テクノロジー分野、特にリアルテックを中心にビジネスDD・投資先支援等を実施。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850