SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

医療・介護戦略特別セミナー

No.S18143

デジタルヘルスの法的諸問題と法改正の影響

~臨床研究法と次世代医療基盤法施行への対応/世界のプラットフォームとの相互運用~

開催日時 2018年 5月 9日(水) 午後1時~午後4時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

デジタルヘルスの法的諸問題と法改正の影響

弁護士法人漆間総合法律事務所 副所長 弁護士・弁理士

吉澤 尚(よしざわ なお) 氏

弁護士法人漆間総合法律事務所 弁護士

鈴木 修平(すずき しゅうへい) 氏

【13:00~16:00】

個人情報保護法改正後、ヘルスケアビジネスを考える上で要配慮個人情報及び匿名加工情報の問題をどう扱うかの問題のみならず、臨床研究法の施行及び次世代医療基盤法の施行が迫っている。これらの法律の施行を踏まえたうえでどのような方向に向かっているのか傾向を分析します。また、AI創薬やAIでの医療画像データの学習によるAI活用の医療機器等の学習用データ収集の際の限界と諸問題についても言及致します。

1.個人情報保護法のヘルスケア分野をめぐる諸問題のおさらい
2.臨床研究法の施行とその対応
3.AIの学習用データの収集法と臨床研究法の関係
4.次世代医療基盤法の施行
5.AIの学習用データの収集の際の次世代医療基盤法の匿名加工データの限界
6.海外13か国が参加するAI及びデジタルヘルスプラットフォームの相互運用の動向
7.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

吉澤 尚(よしざわ なお) 氏
西村あさひ法律事務所退所後、弁護士法人漆間総合法律事務所を設立し副所長就任、弁護士、弁理士、公認不正検査士、応用情報技術者、情報セキュリティスペシャリスト、経済産業省情報大航海プロジェクト及び電子商取引及ぼす情報財等取引における準則策定委員を歴任、San FranciscoのAging2.0のJapanChapterの立ち上げに参画、Silicon ValleyのAlchemist AcceleratorのMentorも務める。一橋大学法学部卒業、Stanford University "Understanding Intellectual Property Law" Certification, Stanford online on Cousera "Machine Learning" Program修了、東京大学大学院薬学研究科"医薬品評価科学講座"修了、東京医科歯科大学医療イノベーション人材養成講座修了。現在デジタルヘルスをめぐる様々なstart upの支援を行うほか、AIシステム構築にかかる諸問題についてアドバイザリーを務める。
鈴木 修平(すずき しゅうへい) 氏
名川・岡村法律事務所退所後、弁護士法人漆間総合法律事務所参画、慶應義塾大学法学部及び同法科大学院修了。Stanford University "Understanding Intellectual Property Law" Certification。 筑波大学医療機器医薬品レギュラトリーサイエンス講座修了。東京医科歯科大学医療イノベーション人材養成講座修了。吉澤弁護士とともに現在デジタルヘルスをめぐる様々なstart upの支援を行う。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850