SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

医療・介護戦略特別セミナー

No.S18108

病院薬剤部の生産性、効率性の向上と2018年改定の影響

開催日時 2018年 3月14日(水) 午後1時~午後4時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

株式会社メデュアクト 代表取締役

流石 学(さすが まなぶ) 氏

医療提供体制の機能分化と集約が叫ばれる昨今、それは医療機関の問題だけでなく、薬剤師の業務もまた同様です。2018年改定も含め、改定を重ねる度に、病院薬剤師の業務は、質、量ともに負荷が増加しています。しかし、病院薬剤師に求める仕事が変化する中で、その急激な変化に、現場がなかなか対応できないケースは少なくありません。
本講義では、マンパワーの限られる病院薬剤部の生産性と効率性の向上の方策について、制度動向とデータを基に検討していきます。

1.診療報酬改定の動向と病院薬剤師への影響 
 (1)2018年改定で何が起きるか
 (2)後発医薬品の促進
 (3)ポリファーマシー対策
2.薬剤部でいまどんな問題が起きているのか
 (1)生産性、効率性の向上を妨げるものは何か
 (2)他部署とのミスコミュニケーション
3.限られたマンパワーを対人業務へ
 (1)持参薬への対応
 (2)退院時処方の扱い
 (3)病院と保険薬局の役割分担
4.地域包括ケアシステムと病院薬剤師の役割
 (1)地域包括ケアシステムで何が変わるか
 (2)調剤報酬改定が与える影響
 (3)薬薬連携の1歩目は?
5.まとめ 時代が薬剤師に求めること
6.質疑応答

講師プロフィール

流石 学(さすが まなぶ) 氏

2001年東京薬科大学薬学部卒業
2003年東京薬科大学大学院薬学研究科修士課程修了
2009年慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程(MBA)修了
武田薬品工業株式会社、医療コンサルティング会社を経て現職。
島根、東京の2地域を拠点に、コンサルタントとして全国で活動している。
薬剤師、中小企業診断士、関東学院大学経営学部 非常勤講師(「医療・福祉のマネジメント」担当)。
「医業情報ダイジェスト」、「保険薬局情報ダイジェスト」(ともに医療経営情報社)で連載中。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850