SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R07I0007

大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧 2020

出版日 2020年7月
価格
印刷タイプ 10,120円(税込)
ページ数 134ページ
発行<調査・編集> (株)日本・社会システムラボラトリー

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

■概要■

 市場規模予測において、病原体の活動まで加味しなければ出来ないという、自由経済が定着して以来、初めての事態と言えます。1919年(大正7年)前後、100年前のスペイン風邪流行。企業生産や商業活動、社会インフラの基礎、生活者の行動など、今に続く社会の構造はこの時期を端緒とするもので、ウィルス禍は近現代の生活環境において、初めて経験する事態です。
 緊急事態の中、この「大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2020」を制作・発刊することが出来ましたこと、従前以上に、大変感謝しております。原稿を執筆、寄せて頂きました皆様、面談取材に協力頂きました皆様、そして、広告出稿頂きました企業様、ありがとうございます。この紙面を借りて、お礼申しあげます。
 本来であれば、本誌刊行の頃は2020東京五輪開催目前、海外からの観光客も例年に増して増加、聖火リレーを追うメディアの報道や、連日のテレビの情報番組。昨年の大河ドラマから現在放送中の朝ドラへと、オリンピックに関連付けた番組など々、大きな盛り上がりをみせている頃でした。現在は、屋外の大型ディスプレイ、PJマッピング、モールなど商業・集客の場の空間演出。スポーツ、音楽、core・マニア系(おたく系)イベント・・・。これらデジタルサイネージが関わる案件すべてが停止と、期待とは正反対の状態となってしまいました。
 2020年6月現在のところ、1年後・2年後を、何とも予測が難しい状況下ですが、何とか、感染拡大の抑制に成功、2021年度は、本年予定されていた活動・需要が一年先送りで復活、本年停滞・沈滞した分、市場の急拡大に向かう。希望、可能性としてこのような見方も出来ます。
 デジタルサイネージの文言が使われ、認知が進み、周知のものとなって13年ほど。2010年辺りからのスマホの普及と、SNSの浸透・発展。生・LIVEイベントの集客拡大と、エンタメ形態の恒常化。インバウンドの増加と、これも常態化。一方にeスポーツその他、バーチャル映像を楽しみとするエンタメやビジネスの発展。
 デジタルサイネージ=スクリーンメディアの素地は、HWやサービス、享受・消費する人や群衆・オーディエンス側の文化まで一連のものとして完成していると言えます。感染抑制の成功、特効薬、ワクチンの開発と接種の開始、東京五輪の開催。2021年夏季、このあたりから以降の平常化を祈念いたします。

-CONTENTS-

【Ⅰ 特別寄稿】
<高度映像・情報技術と今後の市場>
 ・超高解像度8K顕微鏡技術による新たな医療応用
  カイロス株式会社 研究開発本部 取締役
  一般社団法人 MIC: メディカル・イノベーション・コンソーシアム 理事 山下 紘正
 ・ゼロ遅延映像光伝送技術とその応用
  株式会社 光パスコミュニケーションズ 小川 太郎、松浦 裕之
 ・VRで市場を創造するフォーラムエイト 新規大型ディスプレイも積極活用
  株式会社フォーラムエイト 代表取締役社長 伊藤 裕二
 ・大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2020 編集長 川田 宏之
 ・AI・IoTを活用して、多様な施設の「いま、空いてます」をリアルタイムに伝えるサイネージを利用するサービス「VACAN」「VACAN Throne」
  株式会社 バカン 代表取締役 河野 剛進、大石 かおり
 ・OOHオーディエンス・メジャメントの新潮流「見ている人」ベースでの指標構築
  株式会社 LIVE BOARD 代表取締役社長 神内 一郎
 ・AIロボット「ZUKKU」デジタル治療薬を目指して
  株式会社 ハタプロ 代表取締役 伊澤 諒太
 ・インセクト・マイクロエージェンシーが推進するデジタルサイネージを起点とするビジネスエコシステムのパッケージサービス
  株式会社インセクト・マイクロエージェンシー 代表取締役 川村 行治
 ・XR技術の歴史観光分野における活用、課題と将来性
  株式会社アスカラボ 代表取締役/チーフエンジニア 岡本 泰英
 ・秋葉原UDXビジョンでの実績とそれをベースとした新たな取り組み
  エヌ・ティ・ティ・出版株式会社: NTT出版 常務取締役 出口 秀一
  株式会社エヌ・ティ・ティ・アド: NTTアドメディア局 担当課長 小松 一也

【Ⅱ 本編】
<1>大型ディスプレイの最新市場・動向
 ・東京2020(東京オリンピック・パラリンピック)の開催延期に思う大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2020
  編集長 川田 宏之
 ・業務用大型フラットパネルディスプレイ市場動向(液晶、LED)
  OMDIA シニア・プリンシバル・アナリスト 大型デイスプレイ市場担当 氷室 英利
 ・2020:"スクリーンメディア"・デジタルサイネージの市場動向
  本誌発行人 (株)日本・社会システムラボラトリー 代表取締役社長 足立 吉弘

<2>大型ディスプレイ&サイネージの最新技術動向
 ・超高精細LEDディスプレイのパイオニア
  シリコンコア・テクノロジーの最新LEDディスプレイ動向
  ディスプレイと社会編集部
 ・最新の大型映像ソリューションで業界発展に貢献するウシオエンターテインメント
  ディスプレイと社会編集部
 ・各方面で大活躍するレイヤードの大型映像システム
  ディスプレイと社会編集部

<3>デジタルサイネージの最新動向
 ・大型映像業界の動向
  ディスプレイと社会編集部
 ・ポストコロナの時代に向けて新たなイベントの可能性を追求するシンユニティグループ
  ディスプレイと社会編集部
 ・JR東日本の交通広告における「デジタルサイネージ」のトピックス
  ~サイネージマーケットのさらなる拡大と効果の可視化の取り組み~
  株式会社ジェイアール東日本企画 交通媒体本部 山本 孝
 ・全国各地で活躍する大型映像システム
  ディスプレイと社会編集部
 ・沖縄県那覇市の街頭大型ビジョン事情
  ディスプレイと社会編集部
 ・タイ・バンコクのデジタルサイネージ最新動向
  ディスプレイと社会編集部

<4>大型ディスプレイ&デジタルサイネージ関連団体の取り組み
<DSC:デジタルサイネージコンソーシアム 各部会の取り組み>
 ・デジタルサイネージコンソーシアムの活動概要2019
  一般社団法人 デジタルサイネージコンソーシアム 理事長 中村 伊知哉
 ・2018年度のデジタルサイネージコンソーシアムの活動概要
  一般社団法人 デジタルサイネージコンソーシアム 常務理事 江口 靖二
 ・「マーケティング・ラボ部会」の活動
  一般社団法人 デジタルサイネージコンソーシアム理事
  マーケティング・ラボ部会 幹事
  株式会社オリコム OOHメディア局 シニアディレクター 吉田 勝広
 ・「ユーザーズ部会」の活動とデジタルサイネージ災害対応等の取り組み
  一般社団法人 デジタルサイネージコンソーシアム 山本 孝
 ・「国際標準化戦略部会」2019~2020
  一般社団法人 デジタルサイネージコンソーシアム 中村 秀治
 ・「クリエイティブ部会」の取り組み
  一般社団法人 デジタルサイネージコンソーシアム プロダクション部会

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850