SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R05X0117

ロボットの未来 2019-2028

出版日 2018年12月
価格
印刷タイプ 324,000円(税込)
ページ数 A4判 約500ページ
発行<調査・編集> 日経BP社
備考 ※本体に掲載された図表データを収録したCD-ROM付

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

ロボット革命前夜 2035年、国内ロボット市場は10兆円へ あらゆる産業を巻き込み新市場を創出する。  ・2020年には、製造分野をサービス分野が逆転  ・国内ロボット市場は2035年までに6倍以上に拡大

■概要■
既成概念を破壊するロボットが誕生
 2035年、国内ロボット市場は現在の6倍の10兆円に迫ると予測されているようにロボットは目覚しい進化を遂げ、あらゆる産業に革命的な変化を引き起こしていく可能性があります。これからも人工知能やIoTといった最新技術を取り込みさらに高度な知能と機能を獲得し既成概念を破壊するロボットが誕生します。
 次世代のロボットが社会と産業をどう変えるのか、新たな事業機会はどこにあるのか、その鍵を握る11の機能と21の新ビジネスを予測します。さらに2019年版では未来に登場するロボット新ビジネスの可能性に加え、現在ビジネスを変えつつある新たなロボット技術の概要と、内外の主なプレイヤーリストを加えました。「いま起こりつつある未来」を実感いただけます。

■構成■
10年後のロボットが影響を与える産業と市場のチャンスとリスクを提示

21の新規ビジネス予測
 新機能を獲得することで生まれるまったく新しい価値とビジネスを予測
11の新機能予測
 未来のロボットに必要とされる機能を抽出し、方向性と課題を分析予測
注目の投資領域
 現在、どの領域で積極的な投資が行われているのかを分析することで国内ではわからない大きなトレンドをつかむ
R&Dの動き
 ロボットの研究開発で着目すべき動向をグローバルな事例紹介をするとともに重点分野での技術の進む方向を予測
10年後のロボット予測
 「製造」「物流」「医療」「自動運転」「軍事・安全保障」領域で見える将来のロボットの姿を提示
事業機会の分析
 未来のロボットが、既存産業・ビジネスに与える影響を分析予測

■読者層■
産業別-自動車、ICT、医療・健康、エレクトロニクス、金融・保険、流通・サービス、インフラ
部門別-トップマネジメント、経営企画、R&D、新規事業企画、マーケティング、グローバル戦略、新商品開発

■活用目的■
 ・グローバル戦略策定
 ・研究開発テーマ策定
 ・新規事業領域探索
 ・経営ビジョン策定
 ・新規事業企画立案
 ・中期経営計画策定
 ・事業戦略立案
 ・技術開発戦略企画立案

■監修■
園田 展人
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
ジャパン デジタルストラテジー・アンド・イノベーション リーダー/アソシエートパートナー

■著者(代表)■
目黒 文子
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
デジタルストラテジー・アンド・イノベーション マネージャー

-CONTENTS-

<1>欧米政府が注力するロボット投資領域
1.本書の構成
2.主要国・地域のロボット関連政策
3.各領域における日米欧の投資状況

<2>欧米の研究機関が注力するロボットR&D
1.本章の構成
2.自動運転
3.製造・物流
4.医療
5.軍事

<3>EYが予測するロボットの未来像
1.本章の構成
2.自動運転
3.製造・物流
4.医療
5.軍事

<4>未来ロボティクスのキーファンクション
1.本章の構成
2.不慣れな場所でも目的地に到着できる
3.人や障害物に囲まれていても、ぶつからず移動できる
4.目的を達成するために複数の選択肢を吟味できる
5.行動を通じて物理法則を直感的に理解する
6.暗黙のルールを理解し、阿吽の呼吸で行動ができる
7.なじみのない道具の機能を理解でき、操作できる
8.文脈を理解して曖昧な要求に応えられる
9.人の快・不快を理解できる
10.人のユーモアや感情表現を理解できる
11.人に分かりやすく説明できる
12.人の行動心理を理解できる

<5>創出される新規ビジネス
1.本章の構成
2.従来作業の効率化による収益化
3.新しい社会制度構築からの収益化
4.個の理解からの収益化
5.個の拡張による収益化
6.個の共感からの収益化

<6>既存産業への影響
1.本章の構成
2.自動車・輸送機器産業への影響
3.電子・電気・機械産業への影響
4.IT・メディア・コンテンツ産業への影響
5.医療・美容・健康への影響
6.素形材・化学産業への影響
7.衣料・インテリア・雑貨産業への影響
8.農業・食品産業への影響
9.インフラ・建築・エネルギー産業への影響
10.流通・サービス産業への影響
11.金融・保険・不動産産業への影響
12.政府・NPO・NGOへの影響

<7>既に実用化している新ビジネス
〈事務作業の自動化〉
1.概要
2.主要プレイヤー
〈手書き文字の高精度認識及び分類の自動化〉
1.概要
2.主要プレイヤー
〈問い合わせ対応の自動化〉
1.概要
2.主要プレイヤー

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850