SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R04W0017

2019年世界ヘルスケア・医療統計データ〈アジア・北米・欧州版〉

出版日 2018年12月
価格
印刷+CDタイプ 86,400円(税込)
印刷タイプ 64,800円(税込)
ページ数 A4判 184ページ
発行<調査・編集> (株)MDIジャパン

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

 世界のヘルスケア・医療統計につきましては、これまでWHOから発表されておりますが、ごく一部の世界共通項目をカバーするに過ぎませんでした。
 そこで本書は、アジア、北米、欧州の各地域で市場の大きい国々を中心に、ヘルスケアと医療に関するデータを幅広く収集し、世界での高齢化社会に対応すべく、和文に翻訳し、使い易いデータ集として発刊致しました。
 また、版を重ねるごとに(2年おきに7回目の出版です)調査対象国を増やし、今回はロシアを加えました。ロシアのデータは、2016年、17年分が掲載されています。
 我が国の医療・ヘルスケア分野の皆様のご利用をお勧めする次第です。

-CONTENTS-

<1>アジア・欧米各国一覧データ
 ・世界人口の推移(2006-2050年)
 ・人口上位20ヶ国の推移<1>(2011年)
 ・人口上位20ヶ国の推移<2>(2030年)
 ・人口上位20ヶ国の推移<3>(2050年)
 ・男女、年齢5歳階級別人口<1>
 ・男女、年齢5歳階級別人口<2>
 ・男女、年齢5歳階級別人口<3>
 ・男女、年齢5歳階級別人口<4>
 ・男女、年齢5歳階級別人口<5>
 ・各国の男女別平均寿命(2015年)
 ・各国の出生数(2004-08年)
 ・各国の出生率の推移(2000-35年)
 ・各国の死因別死亡率<1>
 ・各国の死因別死亡率<2>
 ・15歳以上の過体重・肥満人口(2009年)
 ・各国の医師数・病床数)(2006-2011年)
 ・各国の医療費支出(2013年)
 ・各国の医療従事者数(2012年)
 ・各国の病院数と病床数(2012年)
 ・各国の政府医療出費(2012年)
 ・中南米の人口と予測(2007-2030年)
 ・中南米の年齢層別人口推移(2000、10、20年)
 ・ヘルスケア出費構成比(2008年)

<2>アジア国別データ
1.中国
 ・人口及び性別人口構成(2005-16年)
 ・年齢層・性別人口(2000-16年)
 ・平均余命(1981-2015年)
 ・都市住民の上位疾病死亡率(2016年)
 ・医療機関別施設数(2009-16年)
 ・医療従事者数(2007-16年)
 ・人口千人当たり医療従事者数(1980-16年)
 ・医療施設の病床数推移(2007-16年)
 ・病床数推移(2009-14年)
 ・医療施設利用状況(2007-16年)
 ・医療費(2005-16年)
2.台湾
 ・人口推移(2005-16年)
 ・人口推計(2017-31年)
 ・出生・死亡数(2007-16年)
 ・原因別死亡数(2007-16年)
 ・主要癌死亡数(2012-16年)
 ・医療従事者数(2007-16年)
 ・医療施設数、病床数(2007-16年)
 ・薬業商数(2007-16年)
3.韓国
 ・人口推移(2004-17年)
 ・年齢層・性別人口予測(2030、40、50年)
 ・平均余命(2000、2010、2013年)
 ・原因別死亡数(2013年)
 ・病院・医院数(2012-16年)
 ・病床数(2012-16年)
 ・医療従事者および薬剤師の数(2008-16年)
 ・医療センターの人材数(2012-16年)
 ・有資格の医療専門家数(2000-16年)
 ・主な感染症件数(2005-13年)
 ・製薬会社、薬剤販売業者数(2003-13年)
 ・社会福祉施設数(2009-16年)
 ・医療用扶助プログラム(2010-16年)
 ・健康保険の被保険者数(2008-16年)
4.日本
 ・総患者数、性×傷病分類別(2014年)
 ・悪性新生物死亡数(その1、2011、14年)
 ・悪性新生物死亡率(その2、2011、14年)
 ・傷病別患者数(2011年)
 ・手術数(2002、2005年)
 ・医療施設数(2014、2016年)
 ・病床数(2011、14、16年)
 ・開設者別医療施設数(2011、14、16年)
 ・病床規模別医療施設数(2012、14、16年)
 ・医療施設の医師数・歯科医師数(2016年)
 ・病院の従事者数(2013、14年)
 ・一般病院数、診療科目別(2012-14年)
 ・一般診療所数・歯科療所数(2014年)
 ・医療機器生産金額(2014、2015年)
 ・医療機器輸出入金額の推移(2013-15年)
 ・医薬品生産金額(2014、15年)
 ・医薬品輸出入金額(2014、15年)
 ・医薬部外品生産(2014、15年)
 ・衛生材料生産額(2014、15年)
 ・介護保険施設、事業所数(2012、13年)
 ・開設主体別の介護保険施設数(2013年)
 ・定員階級別施設数・構成割合(2013年)
 ・開設主体別介護サービス事業所数(2013年)
 ・介護予防サービスの要支援度別利(2013年)
 ・介護サービスの要介護度別利(2013年)
5.タイ
 ・登録人口:性別(2007-16年)
 ・年齢別人口構成(2014年)
 ・年齢別人口予測(2015-17年)
 ・年齢層別人口構成長期予測(2010-25年)
 ・平均余命(1995-96、2005-06年)
 ・上位10位の原因別死亡数(2004、14年)
 ・管轄別病院数及び病床数(2011-13年)
 ・管轄別病院数(2009-15年)
 ・管轄別病院の病床数(2009-15年)
 ・入退院数及び外来患者数(2009年)
 ・管轄別入院患者数(2009-15年)
 ・管轄別病院の医療従事者数(2010-13年)
6.ヴェトナム
 ・都市・農村別人口(2010-14年)
 ・平均余命(2011-2015年)
 ・女性一人当出産数(2005-14年)
 ・保健医療施設数(2011-15年)
 ・管理別保健施設数(2010-15年)
 ・病床数(2011-2015年)
 ・医療従事者数(2010-14年)
7.フィリピン
 ・男女別人口推移(2006-2015年)
 ・年齢層、性別、人口(2010年)
 ・出生数・死亡数推移(2004-14年)
 ・上位10位の死因、死亡数、性別(2014年)
 ・上位10位の有病数、疾病率(2014年)
 ・医療従事者数(2005-12年)
 ・原因別届出伝染病(2010-14年)
 ・病院数・病床数推移(2005-14年)
 ・GDPに対する医療総支出(2010-13年)
 ・人口1人当たりの医療支出(2010-11年)
 ・医療支出額(2012-13年)
 ・医療支出割合:資金源別(2012-13年)
8.マレーシア
 ・推定人口:年齢層・性別(2012年)
 ・平均余命:年齢層・性別(2008-12年)
 ・証明された主な原因別死亡数(2005-08年)
 ・医療従事者数(2002-08年)
 ・公立病院入院の主原因(2007-08年)
 ・公立病院及び専門医療機関数(2004-08年)
 ・公立病院、医療機関の病床数(2004-08年)
 ・私立病院、老人保健所の数(2004-08年)
9.シンガポール
 ・人口と成長率(2008-12年)
 ・年齢別・性別人口(2008-13年)
 ・人種別・性別・年齢別人口(2013年)
 ・原因別死亡数(2009-2013年)
 ・特記すべき疾患(2009-2013年)
 ・病院数・病床数(2009-2012年)
 ・入院数・外来数(2009-2012年)
 ・医療従事者数(2009-2013年)
10.インドネシア
 ・人口推移(2000、2010年)
 ・疾病別死亡数(2008、2010年)
 ・総合病院、専門病院数(2007-10年)
11.ミャンマー
 ・人口推移(2001-017年)
 ・年齢層別人口構成×性別(2014-17年)
 ・出生数・死亡数(2014-15年)
 ・平均余命(2014-2015年)
 ・原因別死亡数・公的病院のみ(2015年)
 ・原因別有病数と比率(2015年)
 ・医療及びヘルス施設数(2012-17年)
 ・医療従事者数(2005-15年)
12.カンボジア
 ・世帯数人口(2008、13年)
 ・年齢層別人口(2008、13年)
 ・年齢層別人口構成比(2008、13年)
13.インド
 ・人口推移(1901-2011年)
 ・性別人口比率(1991、2001年)
 ・予測出生率、死亡率死亡率(1991-01年)
 ・病因別発症数(2004、06、07年)
 ・病院数、病床数(1996-06年)
 ・登録看護職員数(2000-05年)
 ・認定免許取得医師数(2003-07年)
 ・医療施設数(2011年)
14.スリランカ
 ・年齢層別人口推移(2013-15年)
 ・年齢層別死亡数(2007-09年)
 ・原因別死亡数(2005-09年)
 ・年齢別平均余命(1971、1981、2001年)
 ・出生数(2000-11年)
 ・病院、病床、従業員、患者(2005-10年)
15.バングラデシュ
 ・都市部の世帯数・人口(2001年)
 ・性年齢別人口(1991、95、96、01、11年)
 ・平均余命(2005-2016年)
 ・地域・総合病院の入院・死亡数(2011年)
 ・病床数・入院日数・病床占有率(2011年)
 ・原因別死亡率(2011年)

<3>欧米国別データ
1.米国
 ・性別、年齢別人口予測(2010、16年)
 ・年齢別将来人口推計
 ・原因別死亡数、死亡率(2014、15年)
 ・性別、年齢別、人種別平均余命(2014年)
 ・美容形成外科手術数(2014-16年)
 ・臓器移植及びグラフト(2010-16年)
 ・専門別医師数(2010-2013年)
 ・州別活動中の医師と看護婦(2013年)
 ・ナーシングH、病床数、居住者数(2015年)
 ・癌患者の生存率(1999-2013年)
 ・40歳超のマンモ使用率(2013、15年)
 ・全米医療支出(2000-15年)
 ・全米医療支出予測
 ・一人当たり全米医療支出
 ・肥満率(20011-14年)
2.カナダ
 ・人口推移(2007-17年)
 ・年齢層別・性別人口(2016年推計)
 ・男女別人口推移(2007-16年)
 ・人口動態(2014年)
 ・原因別死亡数(2011-13年)
 ・医療費・医師数・病床数(2006-11年)
 ・ヘルスケア指標(2016年)
3.ドイツ
 ・人口推移
 ・年齢層別・性別人口(2016年)
 ・男女別人口推移(2007-16年)
 ・人口動態(2007-16年)
 ・平均余命(2016、2060年)
 ・原因別死亡数(2013-15年)
 ・医師/看護師数、病床数(2013-15年)
 ・入院患者の手術数(2015年)
 ・医療支出(2012-2015年)
 ・医療支出、GDP比(2012-15年)
4.イギリス
 ・人口推移(2006-15年)
 ・年齢層別・性別人口(2016年)
 ・男女別人口推移(2007-16年)
 ・人口動態(2015年)
 ・平均余命(2015、2050年)
 ・原因別死亡数(2013-15年)
5.フランス
 ・人口推移(2006-2015年)
 ・年齢層別・性別人口(2016年)
 ・男女別人口推移(2007-2016年)
 ・人口動態(2015年)
 ・平均余命(2915、60年)
 ・原因別死亡率(2012-14年)
6.イタリア
 ・人口推移(2006-15年)
 ・年齢層別・性別人口(2016年)
 ・男女別人口推移(2007-16年)
 ・人口動態(2015年)
 ・平均余命(2015、2050年)
 ・原因別死亡数(2013-15年)
7.スペイン
 ・人口推移(2006-15年)
 ・年齢層別・性別人口(2016年)
 ・男女別人口推移(2007-16年)
 ・人口動態(2015年)
 ・平均余命(2015、2050年)
 ・原因別死亡数(2013-15年)
8.ロシア
 ・人口推移(2008-2017年)
 ・年齢層別・性別人口(2017年)
 ・男女別人口推移(2001-17年)
 ・人口の都市部と地方(2008-17年)
 ・男女別人口予測(2020-2050年)
 ・年齢層別人口予測(2020-2050年)
 ・平均余命(2000-16年)
 ・原因別死亡数(2010-16年)
 ・医療施設数(1940-16年)
 ・医療従事者数(1940-16年)
 ・科別医師数(2000-16年)
 ・ナース数(2000-16年)
 ・病院の手術数(2016年)
 ・科別病床数(2000-16年)
 ・有病数

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850