SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R03A0983

2019年 国内IT市場 産業分野別動向/地域別分析

出版日 2019年3月
価格
PDFタイプ 583,200円(税込)
ページ数 21ページ
発行<調査・編集> IDC Japan
備考 データはメール添付にて、納品致します。

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

■概要■
 本調査レポートは、国内IT市場において、産業分野を17種類の企業分野および4種類の非企業分野、および従業員規模を5種類に分類し、それぞれの分野のIT支出額実績(2017年は実績値、2018年は推定値)と予測(2019年~2022年)を報告するものである。なお、国内IT市場における製品別、従業員規模別、産業分野別動向を見た後、今回の調査レポートから、国内IT市場に影響が及ぶとみられるトピックスを取り上げ、その影響範囲の分析を行っている。さらに、今回の調査レポートから国内を8地域に分けて地域別でのIT支出規模、およびIT支出動向の提供を開始している。国内IT市場は、PC更新需要に加えて、業務効率化/生産性向上を目的としたIT支出が牽引することで、2019年まで前年に引き続き堅調な拡大を予測している。ただし、2020年以降、オンプレミスの支出の減速が進むとみており、クラウドシフトがさらに加速するとみている。
 国内IT市場全体では「ITサプライヤーは、2020年以降の国内IT市場の変化を見据えて自社のITソリューションの提供体制の見直しを行うべきであり、特にクラウドなどの第3のプラットフォームソリューションの提供において大都市圏以外の地域での販売チャネルへの支援体制の整備を行うべきである」と分析している。

-CONTENTS-

・Executive Snapshot
 ・市場開拓と市場動向
  -2018年~2022年の国内IT市場 製品別支出動向
  -2018年~2022年の国内IT市場 従業員規模別支出動向
  -2017年~2022年の国内IT市場 産業分野別支出動向
   IT支出が好調な産業分野
   その他の主な産業分野
  -2017年~2022年の国内IT市場 地域別支出動向
   北海道/東北地方のIT支出トピックス
   関東地方/東京都のIT支出トピックス
   北陸/甲信越地方のIT支出トピックス
   東海地方のIT支出トピックス
   近畿地方のIT支出トピックス
   中国/四国地方のIT支出トピックス
   九州/沖縄地方のIT支出トピックス
  -国内IT市場に影響を与える可能性のあるトピックス
   「働き方改革」/生産性向上
   東京オリンピック/パラリンピック開催
   消費税増税/「軽減税率」導入
   米国を中心とした保護主義的な動向
   国内で頻発する自然災害
 ・ITサプライヤーへの提言
 ・参考資料
 ・関連調査
 ・定義
  -調査対象のIT製品分類
  -産業分野分類
  -企業規模の分類
  -地域の区分
  -企業分類方法の留意点について
  -暦年ベース
 ・Synopsis

<List of Tables>
 ・国内IT市場 製品別 支出額予測、2017年~2022年
 ・国内IT市場 従業員規模別 支出額予測、2017年~2022年
 ・国内IT市場 産業分野別 支出額予測、2017年~2022年
 ・国内IT市場 地域別 支出額予測、2017年~2022年

<List of Figures>
 ・Executive Snapshot:2019年国内IT市場 産業分野別動向/地域別分析

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850