SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R03A0980

2019年 国内ストレージ需要動向調査:新ストレージ技術のインパクト

出版日 2019年2月
価格
Power Pointタイプ 583,200円(税込)
ページ数 45 slides
発行<調査・編集> IDC Japan
備考 データはメール添付にて、納品致します。

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

■概要■
 本調査レポートでは、国内企業を対象としたユーザー調査を通して2018年度と2019年度(見込み)のストレージ支出や、各種のITプロジェクトがストレージ支出に与える影響について調査を行った。ITプロジェクトの中では、AI(Artificial Intelligence:人工知能)、IoT(Internet of Things)、大容量データのアーカイブがストレージ支出に与える具体的な影響についても調査した。
 ストレージインフラについては、オンプレミス(自社所有、オンプレミスの従量課金制)とオフプレミス(パブリッククラウドサービス、プライベートクラウドサービスなど)に分けて利用実態と利用計画について調査したほか、ストレージインフラの選定基準や選定の際の課題について調査した。また、データマネジメントについては策定状況、対象項目などに関する調査に加え、データマネジメントでの重要性が増している「データの最適配置」を実現するための課題についても調査を行った。
 ストレージ技術の利用意向については、特にオールフラッシュアレイ、Software-Defined Storageの利用意向、利用目的、選定基準などついて詳細な調査を行った。また、新技術であるNVMe(Non-Volatile Memory Express)とSCM(Storage Class Memory)についても選定基準や利用用途に関する調査を行った。

-CONTENTS-

・List of Attachments
・調査概要

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850