SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R03A0858

国内通信事業者向けネットワーク機器市場予測、2018年~2022年

出版日 2018年7月
価格
PDF+ワークブックタイプ 583,200円(税込)
ページ数 21ページ
発行<調査・編集> IDC Japan
備考 データはメール添付にて、納品致します。

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

■概要■
 本調査レポートでは、通信事業者向けルーターと通信事業者向けイーサネットスイッチからなる国内通信事業者向けネットワーク機器市場に関して、2018年~2022年の市場予測と今後の展望を提供する。LTEサービス向け投資が一巡した2015年以降、国内の通信事業者向け市場は停滞している。2018年以降は、5Gサービスに向けた投資が加わり再び成長軌道に乗るものの、回復は緩やかであり、市場規模もLTEサービス用設備投資の水準には及ばないとIDCでは予測している。トラフィック増加と5Gサービス開始でさらに複雑性の増す通信事業者ネットワークにおいて、セグメントルーティングといった次世代技術の導入も始まっている。さらに、通信事業者のオープン化やネットワーク機器のハードウェアとソフトウェアを分離するNetwork Disaggregation、加えてソフトウェアの内製化も現実味を帯びてきている。
 「ネットワーク機器ベンダーは、オープン化や内製化が進んだ通信事業者ネットワークで、自社で何ができ、どこから収益を得るのかを、現実に起こり得る世界として考える時を迎えている。これまでハードウェアネットワーク機器ベンダーが一体で提供してきたハードウェア/ソフトウェア/サービスを、自らが分解してそれぞれの強みを見直してみることを推奨する。それによって、Network Disaggregationの時代に必要とされるケーパビリティを見直して新たな戦略へと昇華することも可能になる」と分析している。

-CONTENTS-

1.IDC Market Forecast Figure
2.エグゼクティブサマリー
3.ITサプライヤーへの提言
4.市場予測
(1)国内通信事業者向けネットワーク機器市場予測
(2)国内通信事業者向けルーター市場予測
(3)国内通信事業者向けイーサネットスイッチ市場予測
(4)国内5Gサービス向けネットワーク機器市場予測
5.市場の変化
(1)促進要因と阻害要因
 ・促進要因
 ・阻害要因
(2)市場動向ハイライト
 ・通信事業者の設備投資状況
 ・5Gへの期待と懸念
 ・通信事業者ネットワークにおけるNetwork Disaggregationの可能性と内製化の動き
(3)前回予測からの変更
6.市場定義
(1)ルーター市場
 ・製品セグメント別
 ・ユーザーセグメント別
 ・導入場所別、通信事業者タイプ別
(2)イーサネットスイッチ市場
 ・レイヤー別
 ・フォームファクター別
 ・速度別
 ・ユーザーセグメント別
7.調査方法
8.関連調査

<List of Tables>
1.国内通信事業者向けネットワーク機器市場 製品分野別 支出額予測、2016年~2022年
2.国内通信事業者向けルーター市場 導入場所別 通信事業者タイプ別 支出額予測、2016年~2022年
3.国内通信事業者向けイーサネットスイッチ市場 レイヤー/フォームファクター別 支出額予測、2016年~2022年
4.国内通信事業者向けネットワーク機器市場 前回の支出額予測(2017年6月)との比較、2016年~2022年

<List of Figures>
1.国内通信事業者向けネットワーク機器市場 支出額
2.国内通信事業者向けネットワーク機器市場 支出額実績と予測、2008年~2022年
3.国内通信事業者向けルーター市場 通信事業者タイプ別 支出額予測、2016年~2022年
4.国内移動体通信事業者向けネットワーク機器市場 4G/5G別 支出額実績と予測、2011年~2022年
5.国内通信事業者設備投資額、2015年3月期(FY2014)~2019年3月期(FY2018)
6.国内通信事業者向けネットワーク機器市場 前回の支出額予測(2017年6月)との比較、2016年~2022年

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850