SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R03A0847

国内情報保護管理市場予測、2018年~2022年

出版日 2018年5月
価格
PDF+ワークブックタイプ 583,200円(税込)
ページ数 10ページ
発行<調査・編集> IDC Japan
備考 データはメール添付にて、納品致します。

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

■概要■
 本調査レポートでは、国内情報保護管理市場を分析し、2018年~2022年の予測を行っている。EU GDPRでは、「Data protection by design and by default」が明記されており、システム設計の段階からデータ保護が考慮され、ビジネスプロセス上でデフォルトとしてデータ保護プロセスが導入されていることが求められる。悪用される恐れのある個人情報の保護を目的とした法案やガイドラインの作成には、個人データの収集と収集した目的、所有者からの同意、内容の正確さと訂正、データの保護と保管、データの移行と公開、そしてデータの破棄といった、個人情報保護に関するデータライフサイクル管理が使われている。企業においても、個人データの取り扱いは、これと同じ原則を導入する必要がある。
 「セキュリティ製品サプライヤーは、個人情報保護対策として暗号化や暗号鍵管理、DLPといった情報保護管理製品をデータライフサイクル管理に紐付けた導入/展開で訴求すべきである」と分析している。

-CONTENTS-

1.IDC Market Forecast Figure
2.エグゼクティブサマリー
3.ITサプライヤーへの提言
4.市場予測
(1)国内情報保護管理市場の予測
5.市場の変化
(1)促進要因と阻害要因
 ・促進要因
 ・阻害要因
(2)市場動向ハイライト
 ・パブリッククラウド上でのデータ利用拡大による情報漏洩リスクの高まり
 ・EU GDPRによるデータライフサイクル管理の重要性拡大
(3)前回予測からの変更
6.市場定義
(1)情報保護管理市場定義
 ・DLP(Data Loss Prevention)
 ・暗号化/鍵管理(Encryption and Key Management)
7.調査方法
(1)売上額の集計方法について
8.関連調査

<List of Tables>
1.国内情報保護管理市場 機能セグメント別 売上額予測、2015年~2022年

<List of Figures>
1.国内情報保護管理市場 売上額
2.国内情報保護管理市場 機能セグメント別 売上額予測、2015年~2022年
3.国内DLP市場 前回の売上額予測(2017年4月)との比較、2015年~2022年
4.国内暗号化/鍵管理市場 前回の売上額予測(2017年4月)との比較、2015年~2022年
5.情報セキュリティ市場の構成

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850