SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R03A0845

国内商用ロボティクス市場

産業分野別/ユースケース別予測、2018年~2022年

出版日 2018年4月
価格
PDF+ワークブックタイプ 583,200円(税込)(
ページ数 20ページ
発行<調査・編集> IDC Japan
備考 データはメール添付にて、納品致します。

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

■概要■
 本調査レポートは、国内商用ロボティクス市場について、セクター/産業分野別およびユースケース別にユーザー支出額の予測を行っている。2017年の国内ロボティックシステム市場は製造業が牽引している。2018年以降は製造業に加えて、ヘルスケアや流通においても市場が本格的に立ち上がるとIDCではみている。国内ドローン市場においては流通や製造業が市場を牽引しているが、2018年以降は資源や建設においても市場が本格的に立ち上がると予測している。
 「ITサプライヤーはユーザー企業のロボティクスの導入ニーズに応えるべく、ロボティクスを活用した業務改革コンサルティング事業に取り組むべきである。ロボティクスサプライヤーは、ロボティクスの適応領域の拡大を見据えた協働型ロボットの開発や、ロボティクスのインテリジェント化にITを積極的に活用し、RT(Robotic Technology)とITの両軸でロボティクスの進化を推進すべきである」と分析している。

-CONTENTS-

1.IDC Market Forecast Figure
2.エグゼクティブサマリー
3.ITサプライヤーへの提言
4.市場予測
(1)市場予測の概要
(2)国内ロボティックシステム市場の予測
(3)国内組立製造/プロセス製造向けロボティックシステム市場の予測
(4)国内ヘルスケア向けロボティックシステム市場の予測
(5)国内小売/卸売向けロボティックシステム市場の予測
(6)国内ドローン市場の産業分野別予測
5.市場の変化
(1)促進要因と阻害要因
 ・促進要因
 ・阻害要因
(2)市場動向ハイライト
 ・ロボティクスのインテリジェント化にITを活用
 ・ソリューション事業の高度化にロボティクスを活用
 ・協働型ロボットによる労働者作業支援/効率化
(3)前回予測からの変更
6.市場定義
7.調査方法
8.関連調査

<List of Tables>
1.国内ロボティックシステム市場 セクター/産業分野別 支出額予測、2016年~2022年
2.国内組立製造/プロセス製造向けロボティックシステム市場 ユースケース別 支出額予測、2016年~2022年
3.国内ヘルスケア向けロボティックシステム市場 ユースケース別 支出額予測、2016年~2022年
4.国内小売/卸売向けロボティックシステム市場 ユースケース別 支出額予測、2016年~2022年
5.国内ドローン市場 産業分野別 支出額予測、2016年~2022年
6.2017年 IDC ユースケース定義:ロボティックシステム
7.2017年 IDC ユースケース定義:ドローン

<List of Figures>
1.国内ロボティックシステム市場 支出額
2.国内商用ロボティクス市場 前回の支出額予測(2018年1月)との比較、2017年~2022年

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850