SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R02K0874

COVID-19(新型コロナウイルス)時代の世界のITヘルスケア市場 注目ビジネス事例研究

Under COVID-19 Crisis: The Role of GAFA and Health Tech Startups in 2020

出版日 2020年6月
価格
印刷+CD-ROM(PDF)タイプ 198,000円(税込)
印刷タイプ 165,000円(税込)
CD-ROM(PDF)タイプ 165,000円(税込)
ページ数 A4判 121ページ
発行<調査・編集> (株)シード・プランニング

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

■ポイント■
 ・2020年。新型コロナウイルスパンデミックはヘルスケア分野においてもデジタル・トランスフォーメーションを大きく加速させようとしている。
 ・米国GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)及びマイクロソフト、フィリップスなど、ビッグIT企業はどのような戦略で医療を変えようとしているのか?また、パンデミックに対して、どのような役割を果たしたのか?
 ・感染者や隔離患者のリスク判定、モニタリングにはどのようなテクノロジーが利用されたのか?
 ・大手IT企業10社及び注目スタートアップ6社の取り組みを詳細にまとめた最新レポート!

■概要■
 GAFA(Google, Apple, Facebook, Amazon)にマイクロソフト、フィリップスを加えたIT大手企業のヘルスケア戦略は、自社の強みとするリソースにより、ターゲットと目的が異なります。
 Google社は「AI(人工知能)、データサイエンス」に強みを持ち、Google Cloudプラットフォームがヘルスケア戦略基盤となります。持ち株会社Alphabet傘下の人工知能研究会社DeepMind、ライフサイエンス研究会社Verilyと共にヘルスケア技術を開発することで、ヘルスケアプロバイダー(医療機関、保険者)や製薬/医療機器メーカーを支援します。
 一方、端末販売で利益を稼ぐビジネスモデルであるApple社にとって、ヘルスケア戦略の基盤はApple Watchになります。FDAが医療機器として認定した心電図(ECG)機能、心拍数の異常を通知する機能を備えたスマートウオッチを一般市民が健康管理のために利用すること、また、製薬企業等が医薬品や治療法開発のための臨床研究に利用することを目指します。
 Facebook社は地理的条件や経済条件に関わらず幅広く普及しているFacebookのプラットフォームを活用し、予防接種や検査を促すことで予防医療を促進します。
 Amazon社は、Berkshire Hathaway、JPMorgan Chaseとともに非営利のヘルスケアに特化した事業体Havenを立ち上げ、3社の米国従業員120万人にアクセスしやすいプライマリケア、適正な価格の処方薬の提供、わかりやすい仕組みの保険システムなどを提供し、医療費削減を目指しています。最終目標は、Havenで生み出された手法や解決策を米国全土に普及させ、米国の医療システムを改革することです。
 Microsoft社もGoogle社同様にクラウドプラットフォームのAzureを持ちますが、ターゲットとするのは医療機関です。医療従事者が情報を共有し、データを相互運用できるようにすることで、臨床業務の効率化を支援します。
 Philips社もターゲットは医療機関です。同社は、診断・治療とコネクテッドケア(モニタリング、分析)を事業とする会社でありますので、クラウドプラットフォームHealthSuiteを基盤として、eICU(遠隔ICU)や遠隔患者モニタリングシステムを通じて遠隔医療を支援します。

-CONTENTS-

はじめに

調査概要

調査対象企業リスト(ロゴ付き)

<1>調査結果の一覧
1.総括
2.注目事例一覧
3.企業概要
4.事業・ビジネスモデル
5.COVID-19(新型コロナウイルス)への取り組み

<2>注目事例調査
<大手IT企業編>
1.アップル Apple Inc
2.グーグル Google LLC
3.ディープマインド DeepMind Technologies Limited
4.ヴェリリー・ライフサイエンシズ Verily Life Sciences LLC
5.マイクロソフト Microsoft Corporation
6.アマゾン・ドット・コムAmazon.com, Inc
7.フェイスブック Facebook, Inc
8.フィリップス Koninklijke Philips N.V. (Royal Philips)
9.フィットビット Fitbit Inc
10.ウィジングス Withings S.A.S
<スタートアップ企業編>
11.ビナー binah.ai LTD.
12.ライフシグナルズ LifeSignals Group, Inc
13.ホルストセンター Holst Centre
14.フィンガーティップス Fingertips
15.エアベティック AerBetic Inc
16.リリーフバンド・テクノロジーズ Reliefband Technologies, LLC

■調査項目■
1.企業概要
2.事業・サービスのコンセプト
3.サービス概要
4.料金体系
5.ターゲット
6.規模
7.主なサービス
8.サービスの特徴・強み
9.運営方針、販促戦略
10.課題と対策、変化など
11.ユーザー動向
12.今後の展開

■調査方法■
公開情報収集(各社のウェブサイト、プレスリリース、IR情報など)

■調査期間■
2020年4月~2020年6月

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850