SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R02K0869

屋内位置情報サービス市場の動向と将来展望2020

出版日 2020年4月
価格
印刷+CD-ROM(PDF)タイプ 132,000円(税込)
印刷タイプ 99,000円(税込)
CD-ROM(PDF)タイプ 99,000円(税込)
ページ数 A4判 180ページ
発行<調査・編集> (株)シード・プランニング

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

■ポイント■
 ・国内の屋内位置情報サービスの市場規模の推計と将来予測を提示
 ・ロケーション×用途別に普及度が高い屋内測位・ポジショニングシステムを考察
 ・屋内位置情報サービス市場の参入企業の事業展開状況を把握

■概要■
 屋内位置情報サービスは、屋内における人・モノの位置を測定し、得られた位置情報を用いて実現されるサービスと定義します。位置情報を用いて実現されるサービスとしてはナビゲーションや、人・モノの動線解析、特定位置に存在する人へのプロモーション配信などが挙げられます。
 都市圏での人々の行動は80%以上が屋内空間でなされているといわれていますが、現状、屋内における位置情報の活用は屋外と比べて大きく遅れています。つまり、屋外ではGPSをはじめとした測位衛星システムが世界中どこでも使える公的インフラとして整備されているため、測位衛星システムを利用した位置情報サービスが比較的手軽に実現可能であり、受信端末の標準化と低価格化が進んでいます。この結果、屋外位置情報はナビゲーションのほか、自動運転や精密農業、航空管制、建設、物流、交通、観光、警備保障、環境保全、防災、電子商取引(決済)にも幅広く利用されています。
 一方、屋内で利用できる測位ポジショニングシステムが次々と登場していますが、ゴールデンスタンダードがまだ決まっていません。このため、測位場所や用途、予算、既設のインフラ状況に応じて、空間ごとに様々な測位・ポジショニングシステムが選択されていますが、こうした状況がインフラ整備コストや受信端末の価格の高止まりにつながっています。測位・ポジショニングシステムの決定打があれば、屋内位置情報サービスの市場は急速に成長すると期待されます。
 本書では、屋内位置情報サービス市場に参入している企業の事業展開状況と活用事例の分析を通じて、屋内位置情報サービス市場の現況を把握するとともに、市場成長のポテンシャルを検証し、屋内位置情報サービスの将来展望を考察しています。本書が、屋内位置情報サービスの利用を検討する事業者様、ならびに当該サービス市場への参入を検討する事業者様等に対して、有益な情報になれば幸いです。

-CONTENTS-

はじめに

調査概要

<1>屋内測位・ポジショニング技術の全体像
1.屋内位置情報サービスとは
2.屋内測位・ポジショニング技術の概説
3.屋内測位・ポジショニングのためのセンシング
4.屋内測位・ポジショニングのための測位アルゴリズム
5.測位・ポジショニング技術のハイブリッド、屋内外シームレス測位、座標共通化
(1)ハイブリッド
(2)屋内外シームレス測位
(3)座標共通化
6.屋内電子地図
7.高精度時刻同期

<2>屋内位置情報サービス市場の全体像
1.屋内位置情報サービス市場の階層構造
2.屋内位置情報サービスのプロバイダ企業の事業領域
3.屋内位置情報サービスのプロバイダ企業の注目製品・ソリューション
(1)測位・ポジショニングシステムのハイブリッド
(2)可視光線測位
(3)超音波ビーコン測位
(4)屋内電子地図

<3>屋内位置情報サービスの事例分析
1.ロケーション別に見た事例分析
(1)スーパーマーケット
(2)工場
(3)空港
(4)病院
2.用途別に見た事例分析

<4>屋内位置情報サービス市場の展望
1.国内市場規模の推移
2.課題
(1)費用対効果が得られる導入シナリオの明確化
(2)導入コストの削減に向けた電波方式のデファクト化
(3)屋内位置情報サービスに対する利用者の受容性の向上
3.今後の展望

<5>プロバイダ企業各社の事業展開状況
対象企業
1.Acuity Brands
2.Aislelabs
3.Apple
4.beaconsmind
5.ビークルー
6.Catapult Group International
7.Cisco Systems
8.Favendo
9.GE Healthcare
10.Google
11.HERE Technologies
12.HEUEL & LOHER
13.国際航業
14.構造計画研究所
15.クウジット
16.Leantegra
17.Manthan Software Services
18.マルティスープ
19.Mojix
20.ニッタン
21.NTT ドコモ
22.Osram GmbH
23.パナソニックソリューションテクノロジー
24.Quuppa
25.リコー
26.Signify
27.杉原SEI
28.東芝テック
29.Ubisense

<6>屋内位置情報サービスの事例集
対象事例
事例1:空港内での屋内ARナビゲーションサービス(日本)
事例2:物流現場でのスマートグラスによるARナビゲーション【実証実験】(日本)
事例3:ビジネス交流会におけるVIP Finderを用いたMICE支援(日本)
事例4:大規模病院におけるActive型RFID測位方式を用いた次世代型院内ソリューション(日本)
事例5:明治座における音波ビーコンを用いた外国語ナビゲーションサービス(日本)
事例6:札幌ドームにおける音響透かし技術と既設スピーカーを活用したファンサービス企画【実証実験】(日本)
事例7:競技会場における音波ビーコンを用いた災害情報の伝達・避難誘導【実証実験】(日本)
事例8:神奈川県愛甲郡清川村クリスマスにおける音波ビーコンを活用した観光サービス企画(日本)
事例9:BLE測位技術を用いた半導体製造業務における効率改善の取り組み(日本)
事例10:工場台車の位置トラッキングおよび生産作業の最適化(日本)
事例11:体育館における施設利用価値上昇のための位置測定システム【実証実験】(日本)
事例12:東京国立博物館におけるガイドアプリサービス(日本)
事例13:ショールーム来場者への声かけタイミングを図るためのビーコン/iPod touchによる複数点測位(日本)
事例14:アイスホッケー場におけるQuuppaを利用した選手のパフォーマンス分析(フィンランド)
事例15:スーパーマーケットにおけるQuuppaを利用した顧客行動分析(イタリア)
事例16:お茶小売店におけるQuuppaを利用した顧客行動分析(米国)
事例17:電機量販店における可視光線測位を利用したナビ・O2Oプロモーション(欧州15か国)
事例18:大型スーパーマーケットにおける可視光線測位を利用したナビ・O2Oプロモーション(フランス)
事例19:スーパーマーケットにおける可視光線測位を利用したナビ・O2Oプロモーション(ドイツ)
事例20:スーパーマーケットにおける可視光線測位を利用したナビ・O2Oプロモーション(ドバイ)
事例21:スーパーマーケット内の可視光線測位システムを利用したO2Oプロモーション(シンガポール)
事例22:スーパーマーケットチェーンにおけるBLE測位を用いたO2Oプロモーション(ウクライナ)
事例23:大型スーパーマーケットにおけるBLE測位を利用したO2Oプロモーション(フランス)
事例24:衣料小売店における照明器具×BLEを用いた顧客行動分析とO2Oプロモーション(スイス)
事例25:空港における待ち時間短縮を目指した位置情報サービス(ウクライナ)
事例26:災害時の救助を目的とした採掘作業員の居場所管理システム(トルコ)
事例27:UWB測位を用いたNBA選手の練習時におけるパフォーマンス分析システム(米国)
事例28:クルーズ客船上におけるBLE測位による位置情報サービス(海洋)

■調査対象■
国内外の屋内位置情報サービスのプロバイダ企業
 ・センサーのプロバイダ企業
 ・計算アルゴリズムのプロバイダ企業
 ・アプリケーション・ソフトウェアのプロバイダ企業
 ・屋内電子地図のプロバイダ企業
国内外の屋内位置情報サービスの活用事例

■調査項目■
 ・屋内測位・ポジショニング技術の全体像
 ・屋内位置情報サービス市場の全体像
 ・屋内位置情報サービスの事例分析
 ・国内の屋内位置情報サービス市場の展望
 ・プロバイダ企業各社の事業展開状況
 ・屋内位置情報サービスの事例集

■調査方法■
訪問ヒアリング、業界向けセミナーの参加、公開情報収集

■調査期間■
2018年2月~2020年3月

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850