SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R02K0854

2020年版 デジタルサイネージの現状と今後の方向性

出版日 2019年10月
価格
印刷+CD-ROM(PDF)タイプ 198,000円(税込)
印刷タイプ 165,000円(税込)
CD-ROM(PDF)タイプ 165,000円(税込)
ページ数 A4判 141ページ
発行<調査・編集> (株)シード・プランニング

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

■ポイント■
 ・鉄道事業者、タクシー、美容室など、先進活用事例を厳選。業界主要16社の調査結果から最新動向と需要を紐解く。
 ・相次ぐ新規参入事業者と拡大する活用分野を分析。様々な場所に置かれたデジタルサイネージの新サービスがもたらす市場環境の変化を知る。
 ・国内デジタルサイネージ市場を分析。東京五輪後2023年までの市場規模を予測。

■概要■
 交通機関、商業施設など、屋内外を問わず、様々なシーンでデジタルサイネージの活用が進んでいます。ディスプレイの大型化が進む一方で、小型化・薄型化の需要も高まっており、4K/8Kなどの高精細映像、5G(第5世代移動通信システム)への対応・利活用も市場をけん引する大きなテーマの一つとされています。
 従来のデジタルサイネージシステムの低コスト化も、設置面数の拡大・普及の一助となっております。また、動画や静止画を流すだけではなく、タッチパネル等を活用したインタラクティブ(双方向性)な使い方も行われるなど、デジタルサイネージによる、新たなコンテンツ・システムの制作も需要が高まっています。広告分野においては、先行してデジタルサイネージの設置を進めてきた首都圏の交通機関だけでなく、地方の交通機関、タクシー、美容室等など、新たな広告配信面・新サービスの提供がなされ、需要を生み出しています。
 広告の配信だけでなく、2020年のスポーツイベントに代表されるような大型イベントを目的に、訪日する外国人を想定した多言語対応や防災情報の提供の役割も期待されています。IoT・AIの発展に伴い、各事業者による新技術を用いたサービス提供や実証実験等も進んでいます。
 本調査は、デジタルサイネージ市場の主要事業者・団体に取材を行い、市場の今を俯瞰するとともに、有望な活用分野を考察しました。また、2023年までの市場予測を実施し、今後の市場展望を分析しています。

-CONTENTS-

はじめに

調査概要

<総括>
 ・デジタルサイネージ市場展望
 ・業界マップ

<1>デジタルサイネージ市場について
1.2018~2023年のデジタルサイネージ市場
2.各分野における市場動向予測
3.参入事業者一覧

<2>デジタルサイネージ業界動向
1.概況
2.鉄道事業者
3.流通・小売
4.美容室
5.タクシー

<3>ヒアリング調査個票
1.表示装置事業者
(1)(株)impactTV
(2)(株)クラウドポイント
(3)ジャパンマテリアル(株)
(4)ピーディーシー(株)
2.システム・コンテンツ制作事業者
(1)(株)Will Smart
(2)(株)アメイジングポケット
(3)(株)インセクト・マイクロエージェンシー
(4)(株)バカン
(5)(株)プロテラス
3.広告・メディア事業者
(1)(株)CMerTV
(2)(株)CyberBull
(3)(株)LIVE BOARD
(4)(株)ジェイアール東日本企画
(5)(株)東急エージェンシー
(6)(株)ニューステクノロジー
(7)(株)マイクロアドデジタルサイネージ

<4>参考資料
(1)総務省「2020年に向けた社会全体のICT化アクションプラン」
(2)大阪府「大阪・関西万博にかかる最近の主な動きと今後のスケジュール」
(3)大阪府「「万博のインパクトを活かした大阪の将来に向けたビジョン」の策定に向けた検討状況(中間報告)」
(4)総務省「デジタルサイネージによる災害情報発信(IoTおもてなしクラウド事業)」
(5)デジタルサイネージコンソーシアムの概要

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850